会社員時代の社長に、
「市場には490の顔がある」ということを教わった。

「490の顔」とはどういうことなのか?
「一週間(7日)×時間帯(7パターン)×十人十色(10)=490」
ということ。

この教えは、非常に役に立った。

飛び込み営業やテレアポでは、
「この前断られた」
「キツイ断りを受けた」
「この地域は売れない」
など、つい先入観にとらわれてしまう。

しかし、490の顔が腑に落ちていれば、
「今日はどうかな?」
訪問や電話することがゲーム感覚になる。

セールスなんて、考え方ひとつで天国にも地獄にもなるので、
同じやるなら楽しんでやるほうが当然いい。


490の顔のわかりやすい例が、ミスタードーナツ。
「コーヒーのおかわりいかがですか?」と店員さんが聞きにくる。

「いいです」といっても、ある程度時間が経つと、
また「コーヒーのおかわりいかがですか?」と聞きにくる。

そのときは、おかわりするかもしれない。
訪問や電話も、全くこれと一緒です。

ミスタードーナツの店員さんが、
「あのお客は、おかわりしてくれない」と落ち込むでしょうか?
「次もいいですといわれたらどうしょう」と考えるでしょうか?

先入観にとらわれず、ゲーム感覚で楽しみましょう。


市場は、日進月歩で、タケノコのように地表に顔を出すお客が必ずいる。



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900