一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

謙虚

学ぶ姿勢

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は、まずこちらをクリックお願いします。ランキングbanner2





知人で『訪問しないで「売れる営業」に変わる本』の著者、菊原智明さんのブログにこういうことが書かれていました。


<『彼は天才だ』

このように言われているうちに、本当にそんな気がしてくる。

《俺ってセンスがあるのかも》

そう勘違いしてしまうのだ。

もちろんセンスの塊のよう方もいる。

しかし、ほとんどの方は学ばなければ能力の劣る方にあっという間に抜かれてしまうのだ。>


私の周りにもこんな営業マンがいました。

入社して直ぐに、並の新人10人分の売上げをあげ、周りから「すごいな!」「天才!」といわれていたが、その後まったく売れなくなってしまった営業マン。


一時期「天才」といわれ続け、勘違いしてしまい傲慢な態度で部下を扱ったため、部下がいなくなり、まったく売れなくなってしまった営業マン。


この二人の共通点は、学ぶ姿勢がなかったことです。


学ぶことをやめれば退化します。学び続ける者だけが売れ続けるのです。


訪問営業の世界は厳しいもので、一時期「天才」などと呼ばれていても、売上げを落としてしまうと見向きもされなくなってしまいます。

それどころか、爪弾きにされてしまうのです。

そうならないためにも、常に学ぶ姿勢を持つこと、そして、周りから持ち上げられてるときほど、謙虚さを忘れないようにしなければいけません。







いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力お願いします。ランキングbanner2

本心が見える5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


クロージングの時は、営業マンの本心が見えてしまいます。

アプローチやプレゼンでいくらいいことばかり並べても、クロージングの時に営業マン自身の人間性が見えてしまうものなのです。

売れない営業マンの特徴として、契約できなければ諸に怒りの表情を見せる人もいます。

お客さんに嫌みを言ったり見下したりする営業マンも中にはいますが、問題外です。

信頼が一番の購買決定の理由!

狆錣砲客さんの立場に身を置き、お客さん

の立場で考える


このことを忘れてはいけないのです。

お客さんには買わないという選択もあることを、営業マンは理解しなければなりません。

必要性を感じていても契約に踏み切れないのは、お客さんとの信頼関係がまだ築けていないのでしょう。

また、踏み切れない何らかの理由もあるはずです。

その理由を一つひとつお客さんと一緒に紐解くことが大切なのです。

即断即決のスタイルの場合、契約を焦るばかりに本当に大切なことを忘れてしまい、傲慢さがででしまうこともあるでしょう。

しかし、そうすることで見込み客を失うことになってしまうのです。

時には、営業マン自身がお客さんに育ててもらう

という謙虚さも必要です。




今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ


スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール

KIWAMI-極-

セールスアーティスト
子育てプロデューサー

大阪府出身。
大手石油会社勤務を経て、
1994年日本最大級の訪問販売会社勤務。
短期間でトップセールスとなり、
わずか2年で支店長に就任。
その後10年間トップセールスを維持。
独自の育成システムで、部下から次々に
ダントツ営業マンを排出。
現在は「営業の『極』実践会」を主宰。
自ら実践してきたノウハウを活かし、
業績不振に苦しむ営業マンや管理職を徹底支援する。

ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ