「道は開ける」
第二章 悩みを解決するための魔術的公式
もし悩みの種を抱えているならば、ウィリアム・H・キャリアの公式を使って、三つのことをやってみるべきだ。
一、「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。
ニ、やむをえない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
三、それから落ち着いて最悪状態を好転させるよう努力すること。

この公式を考えてみると、どちらかといえば、私は最悪な事態は常に考えているほう。
もし、最悪な状態になり、どん底に陥っても、後は上がるだけ。そう考えている。

かなり楽観的だと自分でも思う。

何故なら、どんな状況でも、人生には一発逆転のシナリオがあると信じてるから。
また、人との縁や出来事には、すべて意味があると思っている。

だから、逆に悩みを自分なりに楽しんでいるかもしれない。
起こる出来事に、どんな意味を持たせるかが重要。

苦しい中でも、その瞬間、瞬間の中で、一番ワクワクするものを選ぶ習慣を持てば、悩みも解決の方向へ向かう。


多くの人たちは、大小いろんな悩みを抱えて生きている。
人から見れば、たいしたことのない悩みでも、本人にとっては大きな悩みの場合がある。

悩みからなかなか抜け出せない人は、この公式を自分に当てはめて考えてみよう。
もしかしたら、解決策が見つかるかも!



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900