一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

自己投資

目の輝き

いつもありがとうございます。応援クリックしていただけると嬉しいです。
⇒今何位?


やはり目の輝きが違う!そう思いました。

ここ最近、何人かの人とお逢いして、いろんな話を聞かせてもらいました。「上がり目」か「下がり目」かひと目でわかりますね。

目の輝きが全然違います。

そして、
上がり目の人は、向上心があり積極的、そして謙虚で優しいです。
下がり目の人は、否定的で態度が横柄、愚痴ばっかりです。

そういうことを、見て、感じて、自分自身を見つめ直すこともできました。

また、はっきりと再認識できたのが、自己投資に対する姿勢。

上がり目の人は、常に向上心を持ち自分を高めようとしているので、自己投資を惜しまず行動している。

下がり目の人は、問題意識が無い。ピントがずれている。だからほんとうは自己投資が必要なのに、勉強ぎらいで、能力を磨くのにちょっとのお金も出ししぶる。

このような傾向が顕著でした。

変化が早く不安定な時代に生き残っていくためには、しっかり自分の能力を高めておく必要があります。






いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力をお願いします。BlogPaint

違いがわかった

何ごともタダでやってはいけない!ranking

「ドキッ」としました。
この言葉の意味するところは何なのか?

それは自分の時間を尊重せよということです。

あなたが自分の時間を高く評価しないのだったら、誰もあなたの時間を高く評価しない。ranking

すべての人が同じ量を持っているのが「時間」

誰もが一日の始まりには二四時間持っていて、その時間をできるだけ賢明な形で、利益のため、喜びのため、人の役に立つために投資する。

世界でいちばんの金持ちだからといって、一分だって働く時間が長いわけではない。

しかし、時間についての考え方、感じ方、配分のしかたが違う。あらゆる姿勢がまったく異なるということです。ranking

「時間に対する姿勢」を変えなければと思います。


そして、一つ腑に落ちたことがあります。ranking
自己投資する人と、しない人の違いが明確になりました。

勿論「時間に対する姿勢」もそうですが、自己投資については、ほんとうに必要な人はしない。ということがわかりました。

自己投資する人は、自らの力を高く評価している人で、さらに向上したいと思っている人たち。ranking

逆に、ほんとうに必要な人は、自己評価が低く、自尊心がない。だから自己投資をしない。納得です。





いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力お願いします。ランキングbanner2


資本主義の本質

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は、まずこちらをクリックお願いします。ランキングbanner2





なぜ、自己投資が必要なのか?

変化の早い時代に、自分を進化させていかなければ、5年先、10年先にある程度の収入を確保できる保証はありません。

現在の自己投資が、5年先、10年先に初めてリターンとして表れると考えています。


「2:6:2の法則」というものがあります。世の中は大きくわけて2:6:2の割合の人たちで構成されているという考え方です。

最初の2は、自分を向上させる気がまったくなく、自己投資しないタイプ。
次の6は、自分を向上させる気はあるが、行動しないので実際には向上しないタイプ。

つまり、全体の80%がほとんど進歩しないタイプということになります。

そして、最後の上位2の人たちだけが、向上しようと学ぶ姿勢があり、自己投資を惜しまないタイプなんです。

それで、どうなるのか?


下位80%の賢くない人たちから、上位20%の賢い人たちにお金が流れていくのです。それが、資本主義の本質です。


ですから、勉強ぎらいで、知識にはちょっとのお金も出ししぶる。そんな人たちは変化の早い時代に生き残っていけないのです。




いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力お願いします。ランキングbanner2

自己投資5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


私の診てきた営業マンの中に、自己投資をまったくしない人たちがいました。

勿論、売れない営業マンです。

自己投資の重要性を説いても、その場の「わかりました」という返事だけで、本一冊読もうとしない営業マンもいました。

組織の体質とは恐ろしいもので、この会社の場合、幹部連中も自己投資しない人たちばかりでした。

昨日も書きましたが、学習しない組織は破滅するでしょう。


2:6:2の法則というものがあります。

世の中は大きくわけて2:6:2の割合の人たちで構成されているというものです。

.自己投資しないタイプ

.具体的な自己投資の行動を起こさないタイプ

.勉強を続け自己投資を惜しまないタイプ

最初の+次ので全体の80%を構成しています。

この80%の人たちは、ほとんど進歩しないタイプということになります。

ここにも「80対20の法則」が当てはまります。

そして、最後のの人たち、つまりトップ20%の人たちだけが向上していくのです。

売れない営業マンへ、せめて月に一冊でもいいから本を読む習慣をつけましょう。

本は一番安い自己投資です!


今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ




スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール

KIWAMI-極-

セールスアーティスト
子育てプロデューサー

大阪府出身。
大手石油会社勤務を経て、
1994年日本最大級の訪問販売会社勤務。
短期間でトップセールスとなり、
わずか2年で支店長に就任。
その後10年間トップセールスを維持。
独自の育成システムで、部下から次々に
ダントツ営業マンを排出。
現在は「営業の『極』実践会」を主宰。
自ら実践してきたノウハウを活かし、
業績不振に苦しむ営業マンや管理職を徹底支援する。

ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ