だから、最初に言った「5の努力」をして欲しいんです。
君たちの才能は「1」かもしれない、「5」かもしれない。
でも、それは自分たちで得たんじゃない。親から与えてもらったもの、神様に与えてもらったもの。
だけど、努力は自分で覚えるものです。
誰でも頑張って「5の努力」をすれば、「5の筋力」を得ることができます。
それを得ることができたら、この世界が駄目でも、他の世界で絶対成功できます。
なぜか。この世界が駄目だったら、次に見つけた新しい世界に「5」をかける。
それが駄目だったら、また次に見つけた新しい世界に「5」をかける。
そうやっていったら、そのうちにちゃんと自分に合う世界が見つかって、成功するんです。
「5の筋力」を持っているやつは時間はかかっても絶対成功する。

<『自己プロデュース力』島田紳助著より>

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

紳竜の研究 [DVD]

昨日の冒頭に書いた「5の努力」は、こういうことなんです。
努力は裏切らないし、やればやっただけ成長する。

何事も全力でやることが肝心。

私には、1歳3ヶ月の娘がいますが、何事も全力でやる姿をみると考えさせられます。

もし、全力でおっぱいを飲んでなかったら・・・・・・。
もし、全力で歩こうとしなかったら・・・・・・。
もし、あきらめることを知っていたら・・・・・・。

人間って、いつからあきらめることを覚えるのか、不思議です。
みんな、オギャーと生まれたときは、あきらめることなど知らなかったのに。

“あきらめることを、あきらめよう!”



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900