一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

洞察力

最初の2秒のなんとなくが正しい

あーでもない、こーでもないと考えてたどり着いた結論よりも、
最初の2秒で人は物事の本質を見抜いてることが多い。

理屈を超えてわかったり、感じたりする瞬間能力のことで、
これを「適応性無意識」という。

いわゆる「洞察力」だと私は解釈しています。
営業マンにとって、この能力は極めて重要。

これまでの経験と環境から生まれるものなので、
パッとお客を見た瞬間に感じるものは、人それぞれだと思う。

しかし、余計な情報や思い込みがあると「適応性無意識」は鈍る。

常識・固定観念・先入観といったものは、
手放したほうがいいかもしれません。


ここで、洞察力を試す問題。
ある男性と彼の息子がひどい交通事故に巻き込まれた。
父親は亡くなり、息子は救急治療室に運び込まれた。

病院に着くなり、治療に当たった医者はその子を見て息を飲んだ。
「うちの子だ!」
さてこの医者は誰か。

第1感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいマルコム・グラッドウェル著より>

余計な固定観念や先入観があると、答えがなかなか出てこない。
医者=男
という思い込みのあった人は、答えが出なかったのでは・・・・・・

しかし、固定観念や先入観を捨てた瞬間にパッとひらめきます!
医者=男とは限らない。











答えは母親です。



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900

直感力5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


理想のお客さんのイメージを明確にしておくことは、直感力を鍛えるにも有効なことです。

私は今まで、理想とするお客さんのイメージをリスト化するようにと指導してきました。

即断即決の訪問販売の場合、事前の顧客情報は極端に少ないです。

というか既存客以外の情報は、ほとんどありません。

その中で売り上げをあげていかなければならないので、直感力は極めて重要になります。

直感力とは「過去の知識の集積」

と「内なる声」

少し怪しく思うかもしれませんが・・・・・・

ですから鍛えることができると考えています。

そのために理想とするお客さんのイメージを、リスト化することが必要なんです。

リストを常に持ち歩き見る習慣をつける。これだけでも何もしない営業マンと比べれば、差がついています。

そして、実際にお客さんと接したあとに(今のお客さんはどうだったのか?理想とするお客さんだったのか?)をチェックする。

この繰り返しで直感力と洞察力は、かなり鍛えることができます。




今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール

KIWAMI-極-

セールスアーティスト
子育てプロデューサー

大阪府出身。
大手石油会社勤務を経て、
1994年日本最大級の訪問販売会社勤務。
短期間でトップセールスとなり、
わずか2年で支店長に就任。
その後10年間トップセールスを維持。
独自の育成システムで、部下から次々に
ダントツ営業マンを排出。
現在は「営業の『極』実践会」を主宰。
自ら実践してきたノウハウを活かし、
業績不振に苦しむ営業マンや管理職を徹底支援する。

ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ