一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

法則

3:10:60:27の法則

世の中には普遍的な法則として、
「3:10:60:27の法則」が存在してます。

3%の超一流
10%の一時的成功者
60%の平均平凡
27%の不平不満


例えば、営業マンの場合

3%の売れまくり営業マン
10%の売れている営業マン
60%の平凡営業マン
27%のウダツのあがらない営業マン

消費者の商品購入に対する普及率の場合

3%の珍しいもの好き
10%の新しいもの好き
60%の人が買うのを見て購入
27%の受け入れに抵抗

そして、それぞれのグループの中でも、
また3:10:60:27に分かれます。

この法則は、自分の会社、顧客、友人・・・・・・など、
ほとんどのことに当てはまります。


セールスの場合、27%のお客は最初から除外しなければいけません。

ひとりのお客も逃がさないようにと、必死になればなるほど、
その焦りはお客に伝わります。

営業マンの仕事は、説得することではない。

歯をくいしばり、除外するべきお客を見極めましょう。

営業マン以外の方は、自分の信念を曲げてまで、
27%の人に合わせてる限り、本当の友には出会えません。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

背後には4

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ

クレームの背後

クレーム対応は目の前のお客さんだけではなく、その背後に大勢のお客さんがいるということを営業マンや会社は意識しなければなりません。

このような法則があります。

◇不満を持つ顧客のうち苦情を言うのは4%にすぎない。後の96%はただ怒って二度と来ないだけである。

◇苦情が1件あれば、同様の不満を持っている人は平均26人いる。そのうち6人は非常に深刻な問題を抱えていると推定される。

◇苦情を言った人のうち56〜70%の人は、苦情が解決された場合、その企業と再び取引したいと考える。その比率は、解決が迅速に行われた場合、96%にまで跳ね上がる。

◇不満がある人は、それを平均9〜10人に話す。13%の人は20人以上に話している。苦情が解決された顧客は、そのことを5〜6人に話す。

(『サービスが伝説になる時「顧客満足」はリーダーシップで決まる』ベッツィ・A・サンダース(著)和田正春(訳))


背後にいるお客さんのことまで考えている営業マンは少ないと思います。しかし、この様なデータがある以上、常に意識する必要があります。

特に悪評はすぐに広まるので、迅速な対応が必要です。


今日の記事はいかがでしたか?
1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール

KIWAMI-極-

セールスアーティスト
子育てプロデューサー

大阪府出身。
大手石油会社勤務を経て、
1994年日本最大級の訪問販売会社勤務。
短期間でトップセールスとなり、
わずか2年で支店長に就任。
その後10年間トップセールスを維持。
独自の育成システムで、部下から次々に
ダントツ営業マンを排出。
現在は「営業の『極』実践会」を主宰。
自ら実践してきたノウハウを活かし、
業績不振に苦しむ営業マンや管理職を徹底支援する。

ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ