いつもありがとうございます。
まずはこちらをクリック⇒今日のrankingは?カチッ!


1年の目標を20分で達成する仕事術
林 正孝
447977131X


ソニー生命エグゼクティブライフプランナー
世界の保険営業のトップクラスを証明するMDRT会員12年連続!2008年度TOT会員、世界の上位数パーセントの選ばれた人間だけが得る資格らしいですよ。


見込み客作りをやめ、ファン作りへ転換。そして1年の目標を20分で達成したということです。すごいですよね〜^^

ファン作りの第一歩として著者が考えたことは、行列ができる店やカリスマといわれる人が、普通の店や人と何が違うのか、何が人を惹きつけるのか、ということ。

ヒントは、横浜のラーメン屋

そのラーメン屋の特徴は、味はもちろんだが、弟子たちへの厳しい教育。怒鳴る、手を出すのは当たり前。オーナーの息子まで逃げ出すくらいの厳しい教育が話題になっていた。

さらに客にも厳しく、効率よく回転させるために、客が半分入ったら半分出される仕組みで、ラーメンが出てきたらとにかく早く食べなければいけない。しかも愛想が悪い。行儀の悪い客にはお湯をかけたりする。

聞くだけだと絶対に行きたくないラーメン屋ですね!

それでも人気がある。なぜ?

この店の楽しみは列に並んでる間だという。客が並んでいる横で、汗を流しながら弟子たちが必死にタオルで麺上げの練習をしている。それが曲芸のようで、見ているほうはすごく楽しい。

これが、他店と違うこの店の価値

そして、この麺上げの練習も、厳しい教育も、オーナーが仕込んだパフォーマンス。つまり、作戦だったらしい。

これを営業の仕事でやろうと思い、著者は具体的にファンを作るにはどうしたらいいかを考え始めたということです。

なるほど!人を惹きつけるには想像の外側が重要ですよね。

営業は人間力だと昔から考えていた著者は、魅力的な人間になるにはどうすればいいのか?に焦点を当て、出した結論が2点。

ー分に有益な情報をもたらしてくれる人間
経営の話ができ、耳の痛いことも正直に言ってくれる人間


他に、コミットメントの重要性は、かなり力強く書かれています。
また、事実と現実の違いをバンジージャンプの話を例に紹介されてますが、これは面白いと思いました。





いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力をお願いします。ランキングbanner2