一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

常識

最初の2秒のなんとなくが正しい

あーでもない、こーでもないと考えてたどり着いた結論よりも、
最初の2秒で人は物事の本質を見抜いてることが多い。

理屈を超えてわかったり、感じたりする瞬間能力のことで、
これを「適応性無意識」という。

いわゆる「洞察力」だと私は解釈しています。
営業マンにとって、この能力は極めて重要。

これまでの経験と環境から生まれるものなので、
パッとお客を見た瞬間に感じるものは、人それぞれだと思う。

しかし、余計な情報や思い込みがあると「適応性無意識」は鈍る。

常識・固定観念・先入観といったものは、
手放したほうがいいかもしれません。


ここで、洞察力を試す問題。
ある男性と彼の息子がひどい交通事故に巻き込まれた。
父親は亡くなり、息子は救急治療室に運び込まれた。

病院に着くなり、治療に当たった医者はその子を見て息を飲んだ。
「うちの子だ!」
さてこの医者は誰か。

第1感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいマルコム・グラッドウェル著より>

余計な固定観念や先入観があると、答えがなかなか出てこない。
医者=男
という思い込みのあった人は、答えが出なかったのでは・・・・・・

しかし、固定観念や先入観を捨てた瞬間にパッとひらめきます!
医者=男とは限らない。











答えは母親です。



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900

古い教え、常識

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は、まずこちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



古い教え、常識

営業の世界では、まだまだ古い教えや常識を信じ、それをやり続けているところがあります。

以前にも書きましたが、「ストーンキャット」の話のように・・・・・・。

ストーンキャット


業績が上がっているならまだしも、どんどん悪化するばかりなのに、変えようともしない。

「なぜ?」

それは、変化を怖れている。
今は我慢のとき、いずれまたあの頃のように良くなる。

などと暢気に構えているのでしょう。

時代は変わっています。20世紀のままの営業手法では、間違いなく良くなりません。

現在のような不安定な時代は、変化しなければならない。動かなければならないのです。

ですから、古い教えや常識を教え込まれている営業マンは注意が必要です。

例えば、「もっと自分を追い込め!」これは危険です。

新人や売れない営業マンに対し、車や高級時計、家などを購入するように勧め、それをモチベーションにして追い込む。


そんなん私だったら嫌ですよ!


他にも「営業は断られてからが勝負だ!」「YES−BUT法」
「お客さまは神様です」「我慢しろ!」
・・・・・・。など、まだまだあります。

このような古い教えや常識を手放し、現在に合った営業手法を取り入れることが必要です。



「30日で30%成約率を上げる方法」

知りたい方は連絡してください。お待ちしております。
     ↓
m.ktmr.830@nifty.com







いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力お願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ