一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

夫婦

幸福な家庭をつくる七原則6

「人を動かす」
礼儀を守る
男が仕事にそそぐだけの熱意を、なぜ家庭にもそそげないのか、その理由が、女性にはわからない。
百万の富をつくるよりも、やさしい妻と平和で幸福な家庭を築くほうが、男にとっては、はるかに意義のあることだが、家庭円満のために真剣な努力を傾ける男は、百人にひとりもいない。

私も結婚してからずっと、家庭にエネルギーを注ぐことはなかった。
結婚当初なんかそれはひどいもんでした。

子どもの入学式・卒業式・運動会・・・・・・参加したことがまったくない。
まさに、ほったらかしでしたので、当時は母子家庭だと思われていたそうです。

しかし、5年ほど前に、やっと自分の間違いに気づくことができた。
だから、今はこれまでを取り戻すために、家族との時間を大切にしている。

ほんとうに、奥さんには感謝の気持ちでいっぱいです。


幸福な家庭をつくる原則Α次捨薺靴鮗蕕襦



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

幸福な家庭をつくる七原則5

「人を動かす」
ささやかな心づくしを怠らない
妻に対するささやかな心づくしの価値を軽く見すぎている男性が世のなかには多すぎる。結婚の幸福は、ささいな心づくしの集積によって得られる。この事実に気づかない夫婦は、不幸な結婚生活を送らねばならないだろう。

女性にとって、誕生日や記念日は大切。しかし、男にはこれがわからないんですよね。

夫婦なら結婚記念日と奥さんの誕生日は、絶対に覚えておいたほうがいいと思う。

その誕生日や記念日に、小さな花でも買って帰る。
そして「いつもありがとう」といって手渡す。これだけで奥さんは嬉しいもんなんです。

たったこれだけのことですが、怠ってる男がけっこう多いのでは・・・・・・。


幸福な家庭をつくる原則ァ次爾気気笋な心づくしをを怠らない。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

幸福な家庭をつくる七原則2

「人を動かす」
長所を認める
彼女が人前でどんなへまをしでかしても、彼は決して彼女を責めたり、とがめたりしなかった。もし、だれかが彼女をからかったりしようものなら、彼は、むきになって彼女をかばった。
彼女は決して完全な妻ではなかったが、とにかく三十年間、飽きずに夫のことばかり話し、夫をほめとおした。その結果、「結婚して三十年になるが、わたしは、いまだに倦怠感というものをしらない」とディズレーリにいわせた。

不平や欠点の指摘をするよりも、長所を見つけてほめる。
これは夫婦だけじゃなく、人間関係の鉄則です。

お互いの成長のため、手を取り合い、傷つき苦しいときは、助け合い励ましあう。

ちょっとした励ましの言葉が、相手の心をほぐし、自信につながり勇気になる。また、嬉しいときは共に喜ぶ。

夫婦関係がうまくいってると、すべてがうまくいくと私は思う。


幸福な家庭をつくる原則◆次篠構蠅鯒Г瓩襦



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

幸福な家庭をつくる七原則1

「人を動かす」
口やかましくいわない
ニューヨークの家庭裁判所に十一年間つとめていたベシー・ハンバーガーは、数千件の離婚訴訟を調べた結果、夫が家を出るおもな原因は、妻が口やかましいからだといっている。また、ボストン・ポスト紙はこういうーー
「世の妻たちは、口やかましい小言によって、結婚の墓穴を掘りつづけている」

私自身、奥さんから口やかましくいわれたことがないので、あまりピンときませんが・・・・・・。

口やかましいのは、女性だけじゃなく、男性にもけっこういると思う。
しかし、本人は、自分が口やかましいということを、自覚していない場合がほとんど。

「うちの嫁は・・・・・・」「うちの旦那は・・・・・・」
と愚痴をこぼしたりするのを聞くことがありますが、実際家庭内ではどうなのか?

「その人を知りたければ、そのパートナーを見よ」という言葉がある。
男性も女性も外で愚痴をこぼしているということは、お互いそんなもんなんでしょう。

夫婦の問題は「わかってくれてるはず」という思い込みからズレが生じる。
また、お互い自分の思い通りにしたいという気持ちが強くなり、知らず知らずのうちに小言が増えていくんでしょう。

問題があれば、できるだけその場で話をする。その日のうちに解決することが大切。


幸福な家庭をつくる原則 次叱やかましくいわない。




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール

KIWAMI-極-

セールスアーティスト
子育てプロデューサー

大阪府出身。
大手石油会社勤務を経て、
1994年日本最大級の訪問販売会社勤務。
短期間でトップセールスとなり、
わずか2年で支店長に就任。
その後10年間トップセールスを維持。
独自の育成システムで、部下から次々に
ダントツ営業マンを排出。
現在は「営業の『極』実践会」を主宰。
自ら実践してきたノウハウを活かし、
業績不振に苦しむ営業マンや管理職を徹底支援する。

ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ