一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

反論

イエスバット法は、もう古い!

会話の法則として、こんな記事を見つけました。

「最低限この3つ守ってれば、性格イケメン余裕」

★バックトラッキング…相手のいった言葉を、言い回しを変えて繰り返す。
相手の直前の語尾をそのまま使う、内容を要約するなど。
相手は自分の言ったことを理解してくれていると感じる。

★イエスバット法…相手の意見に反対の場合、いきなり反論するのではなく、
「なるほどあなたの言うことも分かります、しかし…」と一旦譲歩した後で反対意見を述べる。

★話し方のスピードを相手に合わせる。
早口な人、ゆっくりしゃべる人に対してそれぞれ速度を調整する。

【会話の法則】最低限この3つ守ってれば、性格イケメン余裕より)


バックトラッキング話し方のスピードを相手に合わせる
どちらも、相手と同調するということですが、わざとらしくならないように注意が必要です。
自然にできるようになるまで、かなりの反復が必要。

イエスバット法
これは、もう古いですね。要は反論ですから。
今の時代は、イエス・イフです。

古いタイプのセールスのセオリーイエスバット法は、
どっちにしても相手を否定してるんです。



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900

「間」

いつもありがとうございます。応援クリックしていただけると嬉しいです。
⇒今何位?


「間」


この「間」の無い営業マンのことを、間抜けといいます。
ヘボ営業マンは、この「間」を恐れているのでひたすらしゃべりまくるのです。

お客さんの質問に対しても、反論だと勘違いして「でも〜」「いえ、そうじゃなくて〜」などと訳のわからない的外れのことをしてしまいます。

本来、反論というものはその前段階に問題があり、反論そのものの問題ではないのです。

しかし、よくあるヘボ営業マンは必死に反論処理をしようとするのです。ですから、ほとんどは契約にならず終わります。そればかりか、お客さんに嫌な思いをさせてしまいクレームに繋がる場合もあります。

また、「え〜」「まぁ〜」「だから〜」「なんか〜」など、口癖のある人はその言葉を「間」に変える意識をしてみてください。

ちょっとしたことを意識するだけで、かなり変化を感じるようになりますよ。


言葉を最小限に減らし「間」に変える。

そうすれば、あなたの言葉はお客さんの心に響きます。







いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力をお願いします。BlogPaint

スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール

KIWAMI-極-

セールスアーティスト
子育てプロデューサー

大阪府出身。
大手石油会社勤務を経て、
1994年日本最大級の訪問販売会社勤務。
短期間でトップセールスとなり、
わずか2年で支店長に就任。
その後10年間トップセールスを維持。
独自の育成システムで、部下から次々に
ダントツ営業マンを排出。
現在は「営業の『極』実践会」を主宰。
自ら実践してきたノウハウを活かし、
業績不振に苦しむ営業マンや管理職を徹底支援する。

ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ