ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


クロージングの時は、営業マンの本心が見えてしまいます。

アプローチやプレゼンでいくらいいことばかり並べても、クロージングの時に営業マン自身の人間性が見えてしまうものなのです。

売れない営業マンの特徴として、契約できなければ諸に怒りの表情を見せる人もいます。

お客さんに嫌みを言ったり見下したりする営業マンも中にはいますが、問題外です。

信頼が一番の購買決定の理由!

狆錣砲客さんの立場に身を置き、お客さん

の立場で考える


このことを忘れてはいけないのです。

お客さんには買わないという選択もあることを、営業マンは理解しなければなりません。

必要性を感じていても契約に踏み切れないのは、お客さんとの信頼関係がまだ築けていないのでしょう。

また、踏み切れない何らかの理由もあるはずです。

その理由を一つひとつお客さんと一緒に紐解くことが大切なのです。

即断即決のスタイルの場合、契約を焦るばかりに本当に大切なことを忘れてしまい、傲慢さがででしまうこともあるでしょう。

しかし、そうすることで見込み客を失うことになってしまうのです。

時には、営業マン自身がお客さんに育ててもらう

という謙虚さも必要です。




今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ