「道は開ける」
第十三章 仕返しは高くつく
「もし利己的な人たちがあなたを利用しようとしたら、そんな連中とつき合うことはない。だが、仕返しは考えないことだ。仕返しをしようとすれば、相手を傷つける前に自分が傷ついてしまう」

わかってはいるけど、これがなかなか難しい。
相手に腹を立てる自分自身に腹が立つことがあった。

できればそんな連中のことは考えたくもないけど、
どうしても頭をよぎる場合がある。

確かに、イライラしてばかりいると、時間の無駄だし、
相手を傷つける前に自分が傷ついてしまう。

だから、自分自身がもっと大きな夢や目標に、
向かわなければならない。

そして、ここでも「3:10:60:27の法則」を応用する。

そうすれば、そんな相手のことなど問題ではなくなる。

人間に幸福と平和をもたらす心構えを身につけるために、第二の鉄則を肝に銘じてほしい。

仕返しをしてはならない。敵を傷つけるよりも自分を傷つける結果となるからだ。私たちはアイゼンハワーの態度を見習おう。つまり、きらいな人について考えたりして、一分間たりとも時間を無駄にしないことだ。




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900