ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ

阪神さよなら負けです。球児が打たれましたね!

それでは今日も張り切っていきましょう^^

返品依頼

返品依頼は何があっても100%受けなければいけません。

根性営業を続けている営業マンは、返品を止めることで優越感に浸りますから困ったもんです。

例えば、100万円の契約で全返品依頼があったとしましょう。
全返品の依頼は全部受けるのが当たり前です。つまり0になる訳です。

営業マンのつらい気持ちもわかりますが、一部残そうなどという考えは捨てるべきです。

ほとんどの場合、再度返品依頼が発生します。しかもクレーム付で!

「全部返すって言ってるのに、営業マンにそれは出来ない!って言われた」

「全部返すと損をしますよ!と言われた」

「せっかくだから、一つだけ買ってくださいと言われた」

など、再度依頼が発生すると二度手間になり、お客さんも営業マンも貴重な時間を取られることになります。

また、それ以前に訪問販売では、クーリング・オフ制度があるのでしっかり守らなければなりません。


今日の記事はいかがでしたか?
1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ