一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

三原則

人を動かす原則 強い欲求を起こさせる。

人を動かす三原則
3.人の立場に身を置く


大事だと思ったところを赤ペンチェック!
「人間の行動は、心のなかの欲求から生まれる・・・・・・だから、人を動かす最善の法は、まず、相手の心のなかに強い欲求を起こさせることである。商売においても、家庭、学校においても、あるいは政治においても、人を動かそうとするものは、このことをよく覚えておく必要がある。これをやれる人は、万人の支持を得ることに成功し、やれない人は、ひとりの支持者を得ることにも失敗する」

これはセールスで極めて重要なこと。
相手に強い欲求を起こさせるためには「もし・・・・・・」
を使った質問が効果的。

きょうもまた数千のセールスマンが、十分な収入も得られず、失望し疲れはてて街を歩いている。なぜだろうーー彼らは常に自分の欲するものしか考えないからだ。
われわれは、別に何も買いたいとは思っていない。それが彼らにはわかっていないのだ。われわれは、ほしいものがあれば、自分で出かけて行って買う。

売れない営業マンは、このことをまったく理解してません。
自分が売りたいという思いだけで、お客がどう思ってるかなど考えもしない。

自分がお客の立場のときを考えれば、少しはわかると思うのですが・・・・・・。

“常に相手の立場に身を置き、相手の立場から物ごとを考える”という、たったひとつのことを学びとっていただければ、成功への第一歩が、すで踏み出されたことになる。

ほんとうに、これに尽きる!

特に身近な家族関係では、つい自分の立場だけで物ごとを考えてしまいがちです。

少し、パートナーの立場、子どもの立場に身を置けば、すばらしい家族関係を持つことができる。
家族関係がうまくいっていれば、他の関係もうまくいく。

人を動かす原則 強い欲求を起こさせる。




いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900

人を動かす原則◆[直で、誠実な評価を与える。

人を動かす三原則
2.重要感を持たせる


大事だと思ったところを赤ペンチェック!

二十世紀の偉大な心理学者ジムトン・フロイトによると、人間のあらゆる行動は、ふたつの動機から発するーーすなわち、性の衝動と、偉くなりたいという願望とがこれである。
アメリカの第一流の哲学者であり教育家でもあるジョン・デューイ教授も、同様のことを、少しことばをかえていいあらわしている。つまり、人間の持つもっとも根強い衝動は、“重要人物たらんとする欲求”だというのである。
(中略)
“自己重要感”がそれで、フロイトのいう、“偉くなりたいという願望”であり、デューイの“重要人物たらんとする欲求”である。

相手のほしがってるもの、“自己重要感”
それは私の解釈では相手を承認すること。
日頃から相手を承認し続けることで、心を開き、みずから動きたくなる。

ふたつの動機、性の衝動と、偉くなりたいという願望。
これは、どちらも快楽を求めるということ。

人間は例外なく他人から評価を受けたいと強く望んでいるのだ。この事実を、決して忘れてはならない。
深い思いやりから出る感謝のことばをふりまきながら日々をすごすーーこれが、友をつくり、人を動かす秘訣である。

他人から評価されたいことを望んでるなら、自分自身が評価されるほうから、評価するほうにならなければと思う。
感謝の気持ちを忘れずに、出会う人すべてを大切にする。
そのために、自分自身の人間力を磨くことを忘れてはならない。

「どんな人間でも、何かの点で、わたしよりもすぐれているーーわたしの学ぶべきものを持っているという点で」

低次元の悟り状態になると、学ぶ姿勢を忘れてしまう。
そうなると、人間は進化しないばかりか、逆に退化する。

自分の長所、欲求を忘れて、他人の長所を考えようではないか。そうすれば、お世辞などはまったく無用になる。

相手の長所を考える習慣を持っていると、人との出会いが楽しみになる。
自分自身の思考回路自体に変化が起こる。

人を動かす原則◆[直で、誠実な評価を与える。



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900

人を動かす原則 “稟修眸麁颪發靴覆ぁ6貍陲發い錣覆ぁ

「人を動かす」
早速読み返しています。

人を動かす三原則
1.盗人にも五分の理を認める


大事だと思ったところを赤ペンチェック!
およそ受刑者で自分自身のことを悪人だと考えている者は、ほとんどいないそうだ。
自分は一般の善良な市民と少しも変わらないと思っており、あくまでも自分の行為を正しいと信じている。

これは責任転嫁。悪いのは自分ではなく、そういう行為に至らせた社会が、地域が、会社が、家族が・・・・・・といいたいのだろう。

他人のあら探しは、なんの役にも立たない。相手は、すぐさま防御体制をしいて、なんとか自分を正当化しようとするだろう。それに、自尊心を傷つけられた相手は、結局、反抗心をおこすことになり、まことに危険である。

人は誰でも認められたい。あら探しをして相手を非難しても、百害あって一利なし!

「人を裁くなーー人の裁きを受けるのが嫌なら」

裁きや否定からは、何も生まれない。人を裁いたり否定したりすると、必ず自分に返ってくる。

「人の悪口は決していわず、長所をほめること」

自分の悪いところは見えにくく、人の悪いところは目につきやすい。長所は創作するものだ。

人を批判したり、非難したり、小言をいったりすることは、どんなばか者でもできる。そして、ばか者にかぎって、それをしたがるものだ。

日頃から、小言や愚痴ばっかりいってる人がいるが、それを聞いたり、見たりするだけでも気分が悪い。ばか者にはなりたくない。

人を非難するかわりに、相手を理解するように努めようではないか。どういうわけで、相手がそんなことをしでかすに至ったか、よく考えてみようではないか。そのほうがよほど得策でもあり、また、おもしろくもある。そうすれば、同情、寛容、好意も、おのずと生まれて出てくる。

承認、同調は人の心を開くために大切なこと。相手がなぜそんなことをしたのか、興味を持ったほうが相手のことを理解できる。

人を動かす原則 “稟修眸麁颪發靴覆ぁ6貍陲發い錣覆ぁ



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール

KIWAMI-極-

セールスアーティスト
子育てプロデューサー

大阪府出身。
大手石油会社勤務を経て、
1994年日本最大級の訪問販売会社勤務。
短期間でトップセールスとなり、
わずか2年で支店長に就任。
その後10年間トップセールスを維持。
独自の育成システムで、部下から次々に
ダントツ営業マンを排出。
現在は「営業の『極』実践会」を主宰。
自ら実践してきたノウハウを活かし、
業績不振に苦しむ営業マンや管理職を徹底支援する。

ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ