方向を見失った時、人間はいちばん苦しい。オレには音楽があった。
という言葉が「成りあがり」にあります。

だぶん2005年ごろだったと思いますが、私は方向を見失い苦しんでいました。
「当時の仕事が、どこか自分とはズレているような気がする」
「自分の個性を生かした生き方をしたい」
「少しでも、人の役に立てる仕事がしたい」
「自分の天職って何なのか」
このようなことを、考えるようになっていました。

そんな時、あることがきっかけで、「ソース」(Source)という一冊の本に出会いました。

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
マイク マクマナス ヒューイ 陽子
4900550132

少し興味があったので、早速ワークショップに参加するため山梨県へ。

「ソース」とは、自分のワクワク、子どものような好奇心を追いかけ、自分の源泉(Source)本来の自分を知り、自分が本当にやりたいことを見つける。

そうすることで、自分という人間の最高の姿、最高の力を発揮して、友人、家族、自分自身、そして社会に貢献することができるようになる。というものです。

二日間かけて行うのですが、自分の中にあるワクワクを書き出し、そのリストを作り、キーワードでくくる。そこから自分の存在意義見いだしていき、存在意義に関わる十の分野を行動していく。

その行程の中で、自分のいちばんの原動力になっているものや、自分をいちばんサポートしているものがわかります。

私の場合、そのいちばんの原動力が「矢沢永吉」だったんです。
なるほど!と思いましたね。

心の中にあるものが、明確に表れスッキリしたのを思い出します。
久しぶりに、読み返しているところです。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900