最初、サンザンな目にあう。

二回目、オトシマエをつける。

三度目、余裕。


こういうふうにビッグになっていくしかない。
それには、サンザンな目に会った時、落ち込んじゃだめだ。


『成りあがり』に書かれている言葉ですが、この言葉も営業マンをやっていく上で、大きな支えになったひとつです。

営業マン研修で、よくある質問にこういうものがあります。

「営業で成功するには、どうしたらいいか?」

簡単です。

断られる数を普通の人の倍か、それ以上に増やせばいいだけ!

断られてやる気を失ってしまうか、それとも断りから何かを学びとるかのどちらかなんです。

必要以上に悩んだり、落ちこんだりしてしまうと、自分には営業力がない、自分は営業に向いていない、などと思ってしまうんですよね。

「なぜ断られたのか?」
それを検証し学ぶことが大切。

断られるには、断られる理由があります。

「最後の最後に断られてしまう」
これもよく聞きますが、ちゃんと理由があります。

次回はこれについて書きたいと思います。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900