アフリカとサンダルの話

昔、サンダルの販売を手がける2人の営業マンが、市場拡大のためアフリカへ降り立ちました。

そこで2人の目にした光景は、アフリカではだれも履物を履いていないという事実でした。

営業マンAは自社に電話し「アフリカではサンダルは売れません。誰も履物を履いていません」と報告し、すぐに引き上げてしまいました。

もう1人の営業マンBも自社に電話をしましたが、報告した内容はまったく異なるものでした。

「アフリカではまだ誰も履物を履いていません。市場を拡大するビックチャンスです」と連絡し、サンダルの販売で大成功を収めました。


営業マンなら、一度くらいは聞いたことがある話だと思いますが、
「物事は捉え方次第」ということの例え話です。

私が携わっていた訪問販売も、同じ市場に何回も行きました。

そこで「この市場は何回も訪問してるので、もう売れないだろう」と捉えるか、「この市場は何回も訪問してるので、今日も売れるだろう」と捉えるかの違いです。

売れない営業マンは前者、売れる営業マンは後者の捉え方をします。
捉え方ひとつで、売れるようにもなるし、売れないようにもなる。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900