一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

もし、矢沢永吉が営業マンだったら

なぜ、俺のやり方は問題なのか?

「俺には俺のやり方がある!」
売れない営業マンや、一時的に売れてる営業マンがよく言うセリフです。

一時的に売れてしまうと、謙虚さをなくし、傲慢になってしまうのです。
何かにつけて「俺が、俺が・・・」と言うんですね。

斯く言う私も、そんな時期がありました。
少しばかり営業成績がいいからといって、すべてを悟ったかのように、
「ああ、それはな・・・」などと、高慢になっていました。

上司を上司とも思わず、部下は使えない奴ばかりだと・・・。
常に自分にスポットを当てた考え方になっていたのです。

いつしか、「怖い」「鬼」「殺気を感じる」・・・。
周囲からそう思われる人間になっていました。

ただ、そうなっても幸いなことに、私の場合、
一年に一度永ちゃんに会うことで、チューニングを合わすことができたのです。


「永ちゃんの変わらぬスタイル」に対して「私は知らず知らずのうちに嫌な奴に」
「永ちゃんの新しい扉を開け続ける」に対し「私は小さな世界であぐらかいてる」
「永ちゃんの情熱」に対し「私はトーク」

なんか、情けなくて、恥ずかしくて・・・。
「これじゃあかん!」と思いました。


「俺には俺のやり方がある!」
これ、実はすごく恥ずかしいことなんですね。

自分の登れそうな小さな山しか目指さない。
俺の目標は小さい、俺は小さな人間です。と言ってるようなものです。


永ちゃんを見て感じるのは、
「世の中にはすごい奴らがいっぱいいる。そんな狭い小さなところで、あぐらかいてる場合じゃない」
「もっと崇高な目的や目標を持ち、ブレずに向上しろよ!」ということです。

そのためには、クソみたいなプライドを捨て、謙虚さや学ぶ姿勢が必要です。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

サンザンな目に会った時、落ち込んじゃだめだ

最初、サンザンな目にあう。

二回目、オトシマエをつける。

三度目、余裕。


こういうふうにビッグになっていくしかない。
それには、サンザンな目に会った時、落ち込んじゃだめだ。


『成りあがり』に書かれている言葉ですが、この言葉も営業マンをやっていく上で、大きな支えになったひとつです。

営業マン研修で、よくある質問にこういうものがあります。

「営業で成功するには、どうしたらいいか?」

簡単です。

断られる数を普通の人の倍か、それ以上に増やせばいいだけ!

断られてやる気を失ってしまうか、それとも断りから何かを学びとるかのどちらかなんです。

必要以上に悩んだり、落ちこんだりしてしまうと、自分には営業力がない、自分は営業に向いていない、などと思ってしまうんですよね。

「なぜ断られたのか?」
それを検証し学ぶことが大切。

断られるには、断られる理由があります。

「最後の最後に断られてしまう」
これもよく聞きますが、ちゃんと理由があります。

次回はこれについて書きたいと思います。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

シンプル

突き詰めていったら、「これしかないじゃん!」というシンプルな答えが出るはずですよ。
複雑なこと考えて自殺するような人は、考え方がそこで止まっちゃってるんだね。
もっと考えれば、もっとシンプルになるって。
これは、矢沢語録にある言葉ですが、セールストークを考えるとき、この言葉は非常に参考になりました。

売れない営業マンのセールストークは、何をいってるのか、何をしたいのか、理解できません。
枝葉が多過ぎて要点がわからなくなってしまうんですね。

その上、機関銃の如く一方的に、まくしたててしゃべるので、お客からウザがられ断られてしまう。
自分の利益、自分が売ることしか考えてないのでそうなってしまうのです。

しかし、それに気づかず悩む。しかも、難しく考える。だから永遠に答えが出ない。だからいつまで経っても売れるようにならない。

結局、答えはシンプルなんですよね。難しく思えることでも、シンプルに考えるとシンプルな答えが出る。複雑な問題だと捉えるから、答えが出ずに悩む。

お客の立場で考えると、シンプルな答えが出るんですけど・・・。

お客の心の扉が開いていないと、どんな素晴らしいセールストークを振りかざしても無力です。

伝えたい情報は7割〜8割で抑える。これが人を惹きつけるツボなんです。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

人間力

営業の世界だけに限らず「誰からの話か」ということはとでも重要なことです。

しかし、売れない営業マンに限って「何を話すか」「どう話すか」ということばかりに捉われて、大切なことを忘れてしまってるようです。

「誰が話すか」そのために「どういう人になるか」ということが、本来いちばん重要なことなんです。

「どういう人になるか・・・」
人間力を高め、魅力ある人間になるのが理想ですよね。

魅力ある人間になれば、人を惹きつけることができます。人を惹きつけることができれば、モノを売るのにテクニックなんか必要ありません。

「もし、永ちゃんだったら・・・」
お客のほうから、売ってください!と手を挙げるでしょう。

どうして、30年以上もの間、多くの人を魅了し続けることができるのか?
そこで、永ちゃんの魅力って何?ということを考えました。

まず、すばらしい人間力の持ち主であるということ。
NHKでの若者とのトークは記憶に新しいと思いますが、若者の声に真剣に耳を傾け、永ちゃんの答えに涙する若者たちがいました。

若者たちに対し、上から目線で話す人も多いと思いますが、永ちゃんの姿勢はまさにGreat!

そして、ライヴに行けばわかりますが、その歌声、表情、動きは、武道館でも地方でも常に全力、パワー全開です。

還暦過ぎですよ!世間では定年前ですが、まったくそれを感じません。

今もなお新しい扉を開け続ける。
ロックスターでありながら、すばらしい経営者、マーケッター、セールスマン・・・いい出せばキリがないですね。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

おまえら全員、土下座させてやる!

明確な目標を立ててからは、ほんとうに、腹立つことが腹立たなくなり、辛いことが辛くなくなり、苦労が苦労でなくなりました。

心の中では、
「おまえら、全員見とけ!おまえら全員、土下座させてやる!」
という思いを常に持ち続けてました。

3年で支店長という目標を立て「もし、永ちゃんなら・・・」という思考でやってきた結果、実際3年かからず支店長になる目標を達成。

矢沢パワーの凄さを実感しました!

いろいろ悩んだり、落ち込んだりすることもありましたが、
「もし、矢沢永吉が営業マンだったら・・・」
と考えることで、ほとんど取るに足りない問題になります。

永ちゃんは、どん底から這い上がり、常に新しい扉を開け続けている。
それに比べて自分はいったい何をやってるんだ!こんなとこで、へたばってたまるか!

どこの世界にいても、「やるやつはやるし、負け犬は負け犬」この言葉を自分に言い聞かせてきました。

こんな風にやってきたので、私にはリアルに師匠だとか上司だとかと思えた人間は、ひとりもいません。これはちょっと悲しいですが・・・

ステージの上の永ちゃん・・・
「成りあがり」の中の永ちゃん・・・
DVD・CDの中の永ちゃん・・・
そして、心の中の永ちゃんが、師匠であり、上司でした。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

目標

私は、28歳の時に訪問販売会社に入社しました。それまでは、某石油会社の所長をやってましたが、なんせ給料が安かったので、思い切って転職をした訳です。

面接の時、質問しました。
「この会社で一番稼いでる人って、年収いくらですか?」
「・・・」面接官沈黙。
そして「自分次第です。やればやった分稼げます」といった。

これまでより給料がいいのは、わかってましたが・・・。
具体的な金額をしりたかったのに、ごまかされたと思いながらも無事面接終了。

家に着くなり、すぐに会社から電話がありました。
「合格です!○月○○日より、10泊11日の研修があるので・・・」
ということでした。

「じゅっじゅっじゅっ10泊〜合宿やん!!」
まあ、凄い研修でした。今から思えば洗脳ですね。


無事に10泊11日の研修を終え、大阪にある支店に配属されたわけですが、「カッチーン」とくることばかり。

研修で聞いた話とは、かけ離れた世界でした。あの研修って、なんの意味があったのか?

そう!篩に掛けてたんですね。
研修中、100人くらいいた中から何人もの脱落者が出ましたから。


中途入社ですから、年下の上司もいました。こいつがまた、エラソウなんですよ。
「おい!お前」みたいな・・・
「なんじゃこいつは!クッソー腹立つ〜」と何度思ったことか。

話は違うし、腹立つし・・・

そこで「もし、永ちゃんやったら・・・」と考えました。

その時、頭に浮かんだのは「そうだ。こういうふうに苦しいんだよな、最初のうちは。こういうことがあって、いろいろやって、最後にスーパースターになるんだよ」という言葉。

ちなみに私は、かなり単純な人間なんで、「そうや!永ちゃんのようにしっかりとした目標を持てばいいんや!」そうすることで、腹立つことが腹立たなくなり、辛いことが辛くなくなり、苦労が苦労でなくなる。

そう思い「必ず3年で支店長になる」という目標を立てました。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

クソみたいな・・・

矢沢永吉の著書「成りあがり」そして、数々の名言「矢沢語録」
これがあれば、ビジネス書・自己啓発・成功法則といった類の本なんかいらないのでは、と思うくらいです。

なぜなら、私も仕事柄いろんな本を読まなければならない状況に迫られ、「フォトリーディング」という読書法を習得し、年間300冊の読書をしてきて感じたことなのですが、行きつくところは「成りあがり」であり「矢沢語録」なのです。

ちなみに、フォトリーディングとは、1ページ1秒のスピードでページをめくり、写真を撮るように本の情報を脳に送り込む速読術です。

また、いろんなセミナーにも参加してきましたが、一昨年、永ちゃんの東京ドームライブ後、もうセミナーも必要ないと感じました。

永ちゃんのステージを見れば、必要な情報がすべて伝わってくる。

クソみたいなビジネス書を読むくらいなら、
永ちゃんの曲を聴け!
「成りあがり」を読め!
と声を大にしていいたい。


さて、次回からそろそろ本題に入っていきたいと思います。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

「成りあがり」との出会い

中学一年の夏、矢沢永吉の著書「成りあがり」に出会った衝撃は、今でも忘れられません。

その冒頭に書いてある「この本に書いたことは、あくまでもオレ自身の背景だ。読者は、特殊な例だと感じるかもしれない。でも、オレは、だれもがBIGになれる狷鮫瓩鮖っていると信じている。」

この部分を読んだだけで、夢・感動・パワーというものが自分の中に「ズッコーン!」と入ってきました。
そして、そのときに芽生えた、夢・感動・パワーは、営業マンとして仕事をしていくうえで、私の原動力となっていきました。

訪問販売という厳しい世界で長年やってこれたのも、自分の指針に矢沢永吉という大きな憧れの存在があったからだと感じてます。

「もし、矢沢永吉が営業マンだったら・・・」

こう考えることで、いろんな気づきや発見、そして実際に成果を上げるための具体的な方法が溢れてきました。特に、困難な状況であればあるほど、その思考に助けられました。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。br_decobanner_20110325070900感謝!

もし、矢沢永吉が営業マンだったら

今日から「もし、矢沢永吉が営業マンだったら」といタイトルで、少し連載したいと思いますので、よろしくお願いします。

「もし、矢沢永吉が営業マンだったら」
永ちゃんやったら、こんな時どうするのか?こんな時なんていうのか?心の中の永ちゃんと会話しながら実践してきた営業活動を綴っていきます。


私は、営業の世界に長年携わってきました。
そして、いろんな営業マンを見てきました。安定して売れ続ける営業マン、売上げの波が激しい営業マン、いつも顔色が悪くまったく売れない営業マン、すぐに一喜一憂する営業マン、愚痴ばっかりいっている営業マン・・・。

その中で、ひとつわかったことがあります。それは、売れる営業マンには、共通して必ず憧れの人がいるということです。

私の知るところでは、歴史上の人物が多かったですが、坂本龍馬、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、大石内蔵助、山本五十六・・・などなど。
もちろん、私にも中学一年の頃から、憧れ続けている人がいます。





その人の名は、ロックンロールの神様、矢沢永吉です。


いつもありがとうございます。応援クリックいただければ嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ