一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

40代にしておきたい17のこと

40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

久しぶりに本田健さんの本を読みました。
「40代にしておきたい17のこと」
40代の私にとっては、興味をそそるタイトルです。

もう40代。
でも、まだ40代。
あきらめなければ、どんなことでもたいていは実現可能。

「40代は、後半の人生のフレッシュ・スタートを切れる10年だ!」
すごく勇気がわく言葉です。

17のうち私が気になった3つを挙げると、
◆新しいことに挑戦する
新しいことを体験するというのは、気持ちがワクワクするのに加えて、新しい友人や仲間が増えることにもつながります。

40代になって新しいことをはじめるには、怖さもあるし、勇気が必要です。しかし、勇気をだして一歩踏み出せば、二歩目は簡単。

◆現在の人生の中にある祝福を数える
あなたの人生には、いま考えている以上にすばらしいものがたくさんあります。自分にとっては当たり前にあると感じているものなので、そのことに気がつかないのです。

人間というのは愚かなもので、何かを失って初めて、その価値がわかることがよくあります。

私は40代になって、はじめて家族の大切さやありがたさを感じました。確かに当たり前にあると感じていたので、若いときは気づくことができなかった。

“人間、不幸の数は数えるけど、幸せの数は数えようとしない”
“幸せというレールは、外ではなく、心の中にある”


◆絶対にあきらめない
40代になってきて、これからは、
(1)希望と夢をもって生きる人生
(2)退屈を感じながら生きる人生
(3)絶望とともに生きる人生
の3つに分かれていきます。

40代を失われた10年にするのか、いままでの人生の中で最高の10年にするのか、あなた次第です。

人生で大事なのは、才能でもなく、人脈でもありません。「決して、あきらめない」という能力なのです。

もちろん、希望と夢をもって生きる人生でありたい。あきらめるということは、自分の可能性をあきらめてしまうことになる。

「決して、あきらめない」、このことは、私の2歳の娘から教えられることが多い。子どもって、何事も絶対あきらめませんからね。

人生なんて、挑戦すればするほど、失敗もする。肝心なのは、そこから、どう立ち上がって進むかです。失敗するのが怖くて何もしなければ、成功することもなく、平凡な人生で終わってしまう。

だから、40代を最高の10年にするためにも、心身ともに健康で、チャレンジ精神を忘れず進んでいきたい。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

おまえはどっち?

失敗するのは、行動を起こさないからです。負け犬は、物事を先延ばしにするための言い訳を繰り返し、やがて気力も意欲も尽き果てる。

出典は数年前に読んだブライアン・トレーシーの
『私の営業方法をすべて公開します!』
ノートの整理をしてたら、ふと目に留まったので、載せてみました。

当時、読んだ本はすべてマインドマップを書いていたので、本を読み返さなくても、ノートを見るだけで内容を思い出すことができる。今考えると素晴らしいスキルかもしれない。

本を読んだり、高いお金を出してセミナーに参加したり、成功プログラムを購入したりしても、あまり変化のない人も多い。

それは何故か?

行動しないから!

知識だけ詰め込んでも行動しなかったら無意味。中には、知識だけで満足してる成功法則オタクになってる人もいるけど・・・・・・。

行動しない人は、評論家のように口先だけになり、やがて気力も意欲も尽き果てるということ。

インプットしたものは、アウトプットしなければ何の役にも立たない。だから、この言葉を再度自分自身にもいい聞かせたい。

「やる奴はやる。やらない奴はやらない。で、おまえはどっち?」

「おまえも、やれば?」



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

あり方

ここ最近「人を動かす」を読み返してアップしてますが、セールステクニックを学ぶより、人としての“あり方”を身につけるほうが大事だということを、改めて感じてます。

“あり方”を身につければ、テクニックなど必要ないといっても過言ではない。また“あり方”を身につけていなければ、テクニックを学んでも機能しません。

あり方を身につけるうえで、もっとも重要なポイントは何か?を考えてみると、それは、セルフコミュニケーションです。

実際、この本を読み返しているうちに、以前に比べてセルフコミュニケーションをとることが、多くなったと実感できる。

セルフコミュニケーションが向上すれば、ものごとを「なぜ?」と仮説を立てて考えるようになる。そうすることで深層心理に近づけるようになるのでは・・・・・・。

時代が変わっても、人の心の部分は不変。
セールスだといっても、人間同士がやってることなんだから、コミュニケーションっていうのは、ほんとうに大事です。


また、明日から赤ペンチェック続けたいと思います。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

実践、人を動かす

「影響を受けたビジネス書」
アンケートのご協力ありがとうございました。

7つの習慣―成功には原則があった!

金持ち父さん貧乏父さん

人を動かす 新装版

このあたりは、やはり根強い人気ですね。

個人的には、コミュニケーション能力の低下が叫ばれている現在、
「人を動かす」は一読したほうがいいと思う。

「人を動かす」は、決して変わり得ない人間の本質や、
人と接する際の基本的な原則を理解することができる。

もちろん、理解しただけでは何も変わりません。
実践することが大切です。

「わかる」を「できる」にしなければ意味が無い。


「人を動かす」
人を動かす 新装版

1.人を動かす三原則
2.人に好かれる六原則
3.人を説得する十二原則
4.人を変える九原則
付.幸福な家庭をつくる七原則


私自身も読み返したいと思います。
また、大事だと思ったところは、ブログで紹介していきます。


いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900

最初の2秒のなんとなくが正しい

あーでもない、こーでもないと考えてたどり着いた結論よりも、
最初の2秒で人は物事の本質を見抜いてることが多い。

理屈を超えてわかったり、感じたりする瞬間能力のことで、
これを「適応性無意識」という。

いわゆる「洞察力」だと私は解釈しています。
営業マンにとって、この能力は極めて重要。

これまでの経験と環境から生まれるものなので、
パッとお客を見た瞬間に感じるものは、人それぞれだと思う。

しかし、余計な情報や思い込みがあると「適応性無意識」は鈍る。

常識・固定観念・先入観といったものは、
手放したほうがいいかもしれません。


ここで、洞察力を試す問題。
ある男性と彼の息子がひどい交通事故に巻き込まれた。
父親は亡くなり、息子は救急治療室に運び込まれた。

病院に着くなり、治療に当たった医者はその子を見て息を飲んだ。
「うちの子だ!」
さてこの医者は誰か。

第1感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいマルコム・グラッドウェル著より>

余計な固定観念や先入観があると、答えがなかなか出てこない。
医者=男
という思い込みのあった人は、答えが出なかったのでは・・・・・・

しかし、固定観念や先入観を捨てた瞬間にパッとひらめきます!
医者=男とは限らない。











答えは母親です。



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900

酒は人生のワサビ

10年ぶりの痛風発作で、激痛との戦いで終わったGWでした。
医者からは禁酒命令を出されましたが、今のところあまり苦にはならない。

禁酒をして、ふと思い出したのが、

“毎晩アルコールが欠かせない人は伸びない”

という文言。
そこには、こう書かれてあります。
禁煙を推奨する動きは拡大するばかりで、いまや吸わない人が多数派になっています。
一方、アルコールといえば、タバコに比べて非難の声がほとんどないようです。

タバコを吸って人格が変わる人はいませんが、アルコールを飲む人の中には、確実にいます。
タバコを吸って人を殺す人はいませんが、アルコールがきっかけとなる殺人事件は常に起きています。

人間に対する害という点で言うと、お酒は覚醒剤よりは悪くないが、タバコよりは確実に有害だという科学的データは無視しないほうがよいと思うのです。

合法的に人間が食べたり飲んだりするもののなかで、一定の確率でそれを摂取した人が暴力に走ったり、犯罪を起こしたり、暴言を吐くようなものが、アルコール以外にあるでしょうか?
摂取するだけで確実に肝臓を破壊したり、顔が赤くなる人が日本人の四一パーセントもいる飲み物がほかにあるでしょうか?

一般的に、人々の意識のなかでは「マリファナはとんでもないけれど、お酒はOK」となっています。

毎日お酒を飲む人は毎日マリファナを吸うのと同じようなものだという事実は知っておいたほうがいいでしょう。

お酒は人生のワサビ。たっぷりとるのは野暮というもの。

『ラクをしないと成果は出ない』日垣隆著より一部抜粋>
飲み過ぎはよくないとわかってはいるんですけどね。

しかし、酒とマリファナを比較したことはありません。
マリファナを吸ったことがないので、比較しようがないですよ。

当分は治療に専念します。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

「5の努力」をすれば「5の筋力」がつく

だから、最初に言った「5の努力」をして欲しいんです。
君たちの才能は「1」かもしれない、「5」かもしれない。
でも、それは自分たちで得たんじゃない。親から与えてもらったもの、神様に与えてもらったもの。
だけど、努力は自分で覚えるものです。
誰でも頑張って「5の努力」をすれば、「5の筋力」を得ることができます。
それを得ることができたら、この世界が駄目でも、他の世界で絶対成功できます。
なぜか。この世界が駄目だったら、次に見つけた新しい世界に「5」をかける。
それが駄目だったら、また次に見つけた新しい世界に「5」をかける。
そうやっていったら、そのうちにちゃんと自分に合う世界が見つかって、成功するんです。
「5の筋力」を持っているやつは時間はかかっても絶対成功する。

<『自己プロデュース力』島田紳助著より>

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

紳竜の研究 [DVD]

昨日の冒頭に書いた「5の努力」は、こういうことなんです。
努力は裏切らないし、やればやっただけ成長する。

何事も全力でやることが肝心。

私には、1歳3ヶ月の娘がいますが、何事も全力でやる姿をみると考えさせられます。

もし、全力でおっぱいを飲んでなかったら・・・・・・。
もし、全力で歩こうとしなかったら・・・・・・。
もし、あきらめることを知っていたら・・・・・・。

人間って、いつからあきらめることを覚えるのか、不思議です。
みんな、オギャーと生まれたときは、あきらめることなど知らなかったのに。

“あきらめることを、あきらめよう!”



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

転んでも

本を読み返してみると、以前とは違ったところが気になったり、新たな気づきがあったりするもんですね。

道をひらく
松下 幸之助
4569534074

久しぶりにパラパラっとページをめくったら、目に留まりました。

「七転び八起き」ということわざがある。何度失敗しても、これに屈せずふるい立つ姿をいったものである。

人生は長い。世の中はひろい。だから失敗もする。悲観もする。そんなとき、このことわざはありがたい。

だが、七度転んでも八度目に起きればよい、などと呑気に考えるならば、これはいささか愚である。

一度転んで気づかなければ、七度転んでも同じこと。一度で気のつく人間になりたい。

そのためには「転んでもただ起きぬ」心がまえが大切。


同じ失敗を何回も繰り返す人と、失敗から何かを得て起き上がる人との違いですね。

そこに「問題意識」を持つか、持たないかで、起き上がった次の行動が変わる。

「転んでもただ起きぬ」常にこうありたいものです。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

原動力

方向を見失った時、人間はいちばん苦しい。オレには音楽があった。
という言葉が「成りあがり」にあります。

だぶん2005年ごろだったと思いますが、私は方向を見失い苦しんでいました。
「当時の仕事が、どこか自分とはズレているような気がする」
「自分の個性を生かした生き方をしたい」
「少しでも、人の役に立てる仕事がしたい」
「自分の天職って何なのか」
このようなことを、考えるようになっていました。

そんな時、あることがきっかけで、「ソース」(Source)という一冊の本に出会いました。

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
マイク マクマナス ヒューイ 陽子
4900550132

少し興味があったので、早速ワークショップに参加するため山梨県へ。

「ソース」とは、自分のワクワク、子どものような好奇心を追いかけ、自分の源泉(Source)本来の自分を知り、自分が本当にやりたいことを見つける。

そうすることで、自分という人間の最高の姿、最高の力を発揮して、友人、家族、自分自身、そして社会に貢献することができるようになる。というものです。

二日間かけて行うのですが、自分の中にあるワクワクを書き出し、そのリストを作り、キーワードでくくる。そこから自分の存在意義見いだしていき、存在意義に関わる十の分野を行動していく。

その行程の中で、自分のいちばんの原動力になっているものや、自分をいちばんサポートしているものがわかります。

私の場合、そのいちばんの原動力が「矢沢永吉」だったんです。
なるほど!と思いましたね。

心の中にあるものが、明確に表れスッキリしたのを思い出します。
久しぶりに、読み返しているところです。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

前世

こんにちは!
江原さんの本は、これまでにも何冊か読んだことがありますが、本屋で「前世」が目に止まり、気になったので読んでみました。

前世 人生を変える
江原啓之
4198630887

前世を知るということは「どこの誰だった」ということではなく、どんな課題を前世から持ち越し、今生を生きているのか?
いかにして、今生での自分のテーマを把握するか?
前世を読み解くことで、今生で学ぶべきことが見えてくる。という内容です。

この世に偶然はなく、すべてが必然。それぞれが抱える試練は、魂が成長するために必要な学び。そのために前世を読み解く。

また、前世を読み解くことは、霊能者でなくても自分でできるということで、その方法としてダウンジングが紹介されていました。

要は前世を読み解くこととは、「内観」するということです。
内観することで、前世からの課題を理解し、受け入れ、それを乗り越えることで、人生をよりよくすることができるということなんですね。

スピリチュアルな世界は、目に見えないので難解ですが、「内観」することは、スピリチュアルな視点でなくてもできるのでは、と私自身は考えています。

もうひとりの自分との対話がそれです。
たまには、ひとりでのんびりする時間を作り、もうひとりの自分との対話を楽しむのもいいかもしれませんね。

いろんな気づきや、発見があるかもしれません。

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ