ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


人材育成の必要性を認識せず、売れない営業マンに

「気合が足りない!」「お前はダメだ!」

などと言っている会社がいまだにあります。

このような会社ほど、時代の変化に対応できず

「今も昔も現場は何も変わっていない!」

「売れない営業マンは怠けているだけだ!」

と檄を飛ばす上司が存在しているのです。

私は不思議でなりません。

新人をろくに教育もせず現場に放り出し、売上げが悪ければ

「使えない奴だ!」と怒る。

売れない営業マンに、レベルアップの教育も行わず

「なぜ売れないんだ!」と怒る。

こんなことで、売上げが伸びるとでも思っているのでしょうか。

原因追求とトレーニングが必要なんです。

モノが壊れたり、体調が悪ければ、原因を調べてなおそうとします。

しかし、営業マンの業績が悪くても原因を調べようともしません。

また、売れるようになるトレーニングも行わない。

スポーツの世界、例えばボクシングなどは、一試合のために過酷なトレーニングを続けています。

営業マンも同じなんです。

原因を特定し「できる」ようになるまで

トレーニングを行う必要があるのです。




今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ