ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ

クレームの背後

クレーム対応は目の前のお客さんだけではなく、その背後に大勢のお客さんがいるということを営業マンや会社は意識しなければなりません。

このような法則があります。

◇不満を持つ顧客のうち苦情を言うのは4%にすぎない。後の96%はただ怒って二度と来ないだけである。

◇苦情が1件あれば、同様の不満を持っている人は平均26人いる。そのうち6人は非常に深刻な問題を抱えていると推定される。

◇苦情を言った人のうち56〜70%の人は、苦情が解決された場合、その企業と再び取引したいと考える。その比率は、解決が迅速に行われた場合、96%にまで跳ね上がる。

◇不満がある人は、それを平均9〜10人に話す。13%の人は20人以上に話している。苦情が解決された顧客は、そのことを5〜6人に話す。

(『サービスが伝説になる時「顧客満足」はリーダーシップで決まる』ベッツィ・A・サンダース(著)和田正春(訳))


背後にいるお客さんのことまで考えている営業マンは少ないと思います。しかし、この様なデータがある以上、常に意識する必要があります。

特に悪評はすぐに広まるので、迅速な対応が必要です。


今日の記事はいかがでしたか?
1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ