ようこそいらっしゃい!どうも!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ

商品説明

しっかりした商品説明をするためには、豊富な商品知識を持っているほうがいいのですが、難しい言葉や、専門用語はできるだけ使わないほうがいいでしょう。

よく専門用語を連発し、得意気になっている営業マンもいますが、お客さんからすれば、何のことなのかわかっていない場合が、ほとんどなのです。

聞いてもいないことをベラベラ話しても、鬱陶しいだけだということを、営業マンは理解しなければいけません。

また、お客さんからの商品についての質問は、どんな質問にでもしっかり答えられなければいけません。そのためには、あらかじめ質問されそうなことを想定して、準備しておくことが大切です。

アプローチのとき以上にわかりやすい説明が必要なので、小学校低学年でもわかる説明を心がけましょう。

そして、言葉だけではなく、体感してもらうことも大切です。(商品にもよります)実際、言葉よりも、体感してもらうほうがお客さんにとっては、一番わかりやすいのです。



今日の記事はいかがでしたか?
1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ