ようこそいらっしゃい!どうも!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ

アプローチの所要時間

最短5分、最長でも15分これはアポを取ったときの所要時間です。
「切る」お客の所要時間は、1分以内。

この所要時間は重要なことです。
今まで診てきた営業マンも、所要時間の重要さをわかっていない人が、ほとんどでした。

アプローチに30分〜40分かける営業マン、中には1時間以上かけて
アポも取れずという営業マンもいました。

時間がかかる原因として、三つのことが挙げられます。

一つ目は「切る」作業ができていない。
以前の繰り返しになりますが、アプローチの基本は「切る」作業です。
説得するのではありません。

二つ目はトークに「ムダ」が多い。
時間のかかる営業マンに、それぞれICレコーダーをつけて廻ってもらい
わかったことですが、共通点がありました。
必要のないことを話している。
同じことを何回も話している。


三つ目は、営業マンが何をいっているのかわからない。
これもICレコーダーをつけることでわかったのですが、お客さんに、営業マンの話しの趣旨がまったく伝わっていない。

お客さんに理解してもらうには、小学校低学年でも理解できるような、わかりやすい説明が必要です。

「お客の理解が悪くて」といっている営業マンは、要注意です。



今日の記事はいかがでしたか?
1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ