ようこそいらっしゃい!どうも!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ

訪問軒数

訪問軒数を増やすことが重要だということは、わかっていただけたと
思います。

そして、訪問軒数が増えれば、契約件数も増えていくので自信がつきます。自信がつくと、営業マンの力量も上がっていきます。

それでは、訪問軒数はいったいどれぐらい必要なのか?

私は、業績不振の営業マンや新人営業マンには、一日最低
「200軒〜250軒」廻るようにと指導していました。
ちなみに、一日の現場での稼動時間は7時間〜8時間ぐらいです。

これは、単に家の軒数をいっているのではありません。
実際にお客さんと会う軒数です。

「それぐらい廻っていると思います・・・・・・」という営業マンもいましたが、思うだけで実際には廻れていない営業マンがほとんどです。

よく廻っていてもだいたい「100軒〜150軒」といったとこでしょうか。
しかし、訪問軒数を増やす二つの原則を実践すれば「200軒〜250軒」廻れるようになります。

これだけのことですから、新人営業マンにも簡単にできます。
以前、入社間もない新人営業マンが月間売上高450万円
(並の新人50万円程度)という驚異的な売上げで、全支店注目の的になりました。

このように売上げもついてくるので、訪問軒数の重要さも理解できるようになります。

そして、二つの原則が習慣化されれば、あなたも一瞬で
「ダントツ営業マン」に変われるのです^^


今日の記事はいかがでしたか?
1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ