ようこそいらっしゃい!どうも!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


昨日は、基本の3つの原則

お客さんは、あなたの話を聞かない。
お客さんは、あなたを信用しない。
お客さんは、行動しない。
ということを書きました。

それでは、話を聞かないお客さんを振り向かすために、
どうすればいいのか?
お客さんに「えっ?何それ?」と思わすことです。
しかも30秒以内に!
30秒以内に興味づけをしなければ、お客さんは断ることだけにエネルギーを使います。

普通は「ごめんください。お忙しいところすいません。○○会社です。
今日は○○の案内で・・・・・・」とこんな感じで話す。

しかし、訪問販売の場合これだとインパクトが弱すぎます。
もっと意表を突くトークが必要です。
勿論、訪問目的の明示義務がありますので守ってください。

例えば
「緊急案内!聞いてもらえました?」
「○○を渡してたんですけどもらいました?」(嘘はだめですよ)
「○○終わりましたよね?」

どうですか?「えっ?何それ?」となるでしょう。
または、逆説で
「○○はいらないですよね?」というと、
(この人、売りにきてるのに何やろう?)となります。

他にも事件ネタとか、地域ネタとかいくらでもあります。
常に何が使えるかを考えて、トークに活かすようにしましょう。


今日の記事はいかがでしたか?
1. 良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ