一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

2008年05月

4つの5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


昨日は中学時代の同級生と、23〜24年ぶりにmixiで再会しました!

懐かしい〜^^


それでは昨日の続きから

3.優先順位を決めている

売れる営業マンは、売上げアップに必要なやることリスト

つくり、優先順位を決めています。


ですからムダ・ムラ・ムリがありません。

それに比べ売れない営業マンは、リストもつくらないので今やらなくてもいいことを優先したりするのです。

また、何から始めればいいのかわかっていない場合が多いので
「ボ〜」としている時間もあります。

メモを取る習慣がないので、あらゆることに影響を及ぼします。

4.すぐに行動する

売れない営業マンは動作も鈍く、指示を受けても即行動することはありません。

テンポがずれているので行動に移すまで、一定の時間がかかります。

そして、一度にいろんなことをしようとするので、結局すべて中途半端に終わってしまうのです。

売れる営業マンは、やることがわかっているので即行動できます。

やることリストで絞込み、一点に集中しているので結果がだせるのです。


ですから、今日から即4つの共通点を身につけるための行動を起こしてください。

行動しなければ何も変わりません。



今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ

メモ5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


昨日のつづき。

2.メモを取る習慣がある

売れる営業マンはメモを積極的に取ります。

それに比べ売れない営業マンは、大事なことを直ぐに忘れるにも関わらずメモを取りません。

人の記憶は、覚えた直後にどんどん忘れてしまい、それを乗り越えて残ったものはわりと長く記憶されている傾向がある。

これはドイツの心理学者エビングハウスが発見した現象で

「エビングハウスの忘却曲線」というものです。

では、どれくらい忘れるのでしょう。

20分後42%

1時間後56%

1日後74%

1週間後77%

1ヶ月後79%

このようにほとんど忘れてしまうのです。

ですからメモを取る習慣が、いかに重要なことなのかを理解しなければなりません。

忘れてもメモが残っていれば見ることができます。

また、そこからいろんなアイデアが浮かんだりするのです。

積極的にメモを取る習慣をつけましょう。


明日は3.優先順位を決めているです。



今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ

目的が明確5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


結果をだす営業マンには共通点があります。

1.目的が明確

2.メモを取る習慣がある

3.優先順位を決めている

4.すぐに行動する

この4つの共通点が売れる営業マンにはあります。

売れない営業マンは、すべてこの逆なんです。

ですから、結果がだせないのは当たり前なんですね。

まず、この共通点を身につけることが必要なので説明していきます。

1.目的が明確

売れない営業マンの目標が漠然としているのに対し、売れる営業マンの目標には、しっかりとした動機があります。

なぜ、その目標を達成しなければならないのか。
という理由が明確なのです。

ここで問題です。

例えば、あなたの大切な人が病気になったとします。

その病気を治すのには薬が必要で、その薬の値段は100万円です。

薬を使うと病気は治ります。

しかし、2ヶ月以内にその薬を手に入れなければならない。

あなたの給料は現在25万円。

営業マンなので100万円以上稼ぐことも可能です。

さて、どうしますか?

A あきらめる

B なんとしてでも100万円以上稼ぐ


ほとんどの人が、Bと答えたのではないでしょうか?

このように、目的が明確であれば目標は達成できるのです。

ですから、毎月の生活費(家賃・光熱費・生命保険・ローンなど)
と自分の欲しいモノの金額を一度書きだしてみてください。

そうすれば、その金額を稼ぐためにはいくらの売上げが必要なのかがわかります。

動機・緊急性・行動で、結果をだせる営業マン

に変われます。


つづきは明日。



今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ


営業の極戦略セミナー5

画像 150ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



昨日5月27日は、私の息子と娘の誕生日でした。

二人とも同じ誕生日なんです。

子供の成長は早いもので、息子の身長が私と変わらなくなりました。

そして、同じく昨日は「訪問営業実践会」主催のセミナー

「営業の極戦略セミナー」を開催させていただきました。

おかげさまで、大盛況のうちに終了いたしました。

参加いただいた皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました^^

これからも、さらに質の高いセミナーを開催できるように頑張りますので、

応援よろしくお願いします。


今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ


行動力

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


PCが故障です! 原因を調べていたのですが、わかりません。

ということで、今日は携帯から投稿です。

売れない営業マンは、物事を先送りにする習慣があります。

即行動する習慣に変えなければいけません。

目標を立てても、行動しなければ成し遂げることはできないのです。

明日があると思うから、今日やらなければならないことを、先送りにしてしまうのです。

怠けて言い訳を重ねていると、自分自身に自信が持てなくなってしまいます。

ですから「即行動」この言葉を毎日何度も

繰り返し、呼吸と同じくらい習慣になり、

言葉に伴う行動が無意識の反応になる

ようにしましょう。



即行動するためのトレーニング

前日の夜に、明日売上アップのために実行できそうな行動を20種類ほど書き出す。

そうすることで、思考力も鍛えられます。 売れない営業マン特有の「ぼー」っとすることも改善されるでしょう。

そして、その中の一つを選んで行動する。 あとは毎日繰り返すだけです。

では!

PC突然直ったので、再投稿です!



今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ

教えてマン4

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


「教えてください」

「どうしたらいいのですか?」

自分で何も考えずに、直ぐに答えを聞こうとする営業マンは、自分の頭で考えるようにならなければいけません。

自分で考えないから、覚えたことも直ぐに忘れてしまい応用もきかないのです。

“教えてマン”になってはダメなのです。

“教えてマン”は何でも人に聞くので全然成長しません。

自ら考え行動していかなければ、聞ける人がいなくなれば大変なことになります。

私の知っている営業マンも、いつも上司に頼っていたばかりに、上司が退社してから支店自体が潰れてしまった所もあります。

この様にならないためにも、常に自ら考え行動する習慣をつけなければいけないのです。

そのためには、どんどんアウトップトすることが大切です。

アウトプットの量を増やすことで、質の高いインプットができるようになるのです。


今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ






不思議5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


人材育成の必要性を認識せず、売れない営業マンに

「気合が足りない!」「お前はダメだ!」

などと言っている会社がいまだにあります。

このような会社ほど、時代の変化に対応できず

「今も昔も現場は何も変わっていない!」

「売れない営業マンは怠けているだけだ!」

と檄を飛ばす上司が存在しているのです。

私は不思議でなりません。

新人をろくに教育もせず現場に放り出し、売上げが悪ければ

「使えない奴だ!」と怒る。

売れない営業マンに、レベルアップの教育も行わず

「なぜ売れないんだ!」と怒る。

こんなことで、売上げが伸びるとでも思っているのでしょうか。

原因追求とトレーニングが必要なんです。

モノが壊れたり、体調が悪ければ、原因を調べてなおそうとします。

しかし、営業マンの業績が悪くても原因を調べようともしません。

また、売れるようになるトレーニングも行わない。

スポーツの世界、例えばボクシングなどは、一試合のために過酷なトレーニングを続けています。

営業マンも同じなんです。

原因を特定し「できる」ようになるまで

トレーニングを行う必要があるのです。




今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ




行き当たりばったりでは・・・5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


昨日、即断即決スタイルから再訪問できるスタイルへ、そのためにコミュニケーション能力は必要不可欠です。

ということを書きました。

即断即決のスタイルを続けてきた営業マンは、ピンとこないかもしれませんが

「ザイアンスの法則」というものがあります。

・人は知らない人には攻撃的、冷淡に対応する。

・人は相手に会えば会うほど好意を持つ。

・人は相手の人間的側面を知った時さらに好意を持つ。

この法則を営業活動に取り入れ、お客さんとの信頼関係を築いていくことが大切です。

何も考えず、行き当たりばったりの営業手法では先はありません。

必死に気合を入れて売ろうと頑張っても、結果につながらないことはわかっているはずです。

継続的にお客さんをフォローしていくことが重要なんです。


今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ


スタイル5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


訪問営業のスタイルも、これからの時代変化していかなければなりません。

即断即決の営業を行っている場合なおさらのことです。

訪問販売業界の売上高は、平成9年(1997)以降右肩下がりの状態。

特に、数年前に起きた住宅リフォーム問題以降急激に下がっています。

企業の中には、組織内統合や事業形態転換を行う企業も目立ってきているようです。

しかし、この様な状況の中でも相変わらず、従来通りの営業スタイルを続けている企業もあります。

営業マンは育っていますか?

社長や上司に魅力はありますか?

はっきり言って「アメとムチ」のような20世紀のスタイルではダメなんです。

今の時代「心」なんです。コミュニケーション能力が必要。

ですから、学習する組織にならなければいけないのです。

即断即決スタイルから再訪問できるスタイルへ、そのためにコミュニケーション能力は必要不可欠です。

まず、社長や上司が見本となり魅力ある人間になる。

そして、営業マンに本当の「教育」をしていかなければならないのです。

本気で、営業力・人間力を高め、お客さんから紹介をもらえる営業マンを目指しましょう。


今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ



わずかな差が・・・・・・5

ようこそいらっしゃい!do-mo!
このブログへ初めて来ていただいた方は
まずこちらをクリックお願いします。人気ブログランキングへ


「バタフライ効果」というものをご存知でしょうか。

「北京で蝶が羽ばたくとニューヨークで嵐が起こる」など

「カオス理論」を端的に表現したものです。

「初期条件に対する鋭敏な依存性」とも言われています。

何が言いたいのか?

わずかな数値の違いが、まったく別の結果を生んでしまう。

ということを言いたいのです。

野球に例えると、2割バッターと3割バッターの違いのようなもので、最初の違いはたった1本のヒットだけです。

2割バッターは10打数2安打。3割バッターは10打数3安打。

このたった1本のわずかな差が、最終的には大きな差になり評価がまったく違ってくるのです。

ですから、売れない営業マンも小さな一歩を踏み出してください。

今までの営業手法に何か一つ加える。

営業関連の本、プログラム・・・・・・など、何でもいいです。得たものを繰り返し実践する。

そうすることで、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・・・・

だんだん結果に変化が表れます。

しかも実践した時間が多くなればなるほど、成果は加速しながら大きくなるのです。


今日の記事はいかがでしたか?1良かった 2.良くなかった 
どちらの方もクリックお願いします。人気ブログランキングへ


スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ