「道は開ける」
第二十四章 疲れの原因とその対策
「激しい仕事そのものからの疲労は、大抵の場合、十分な睡眠や休息によって回復します・・・・・・
悩み、緊張、感情の混乱こそ疲労の三大原因です。しばしば肉体的あるいは精神的労働に起因しているように思われる場合でも、それらが原因となっていることが少なくありません・・・・・・筋肉が緊張すれば、筋肉が働いているということを忘れてはいけません。まず、くつろぐことです!大切な責務のためにエネルギーを蓄積しましょう」

この精神性の疲労に対する対策は何か?休息、休息、休息!仕事をしながら休息する術を覚えることだ!

仕事しながら休息することは、なかなか難しいかもしれませんが、
5分だけでもリラックスできる時間があれば、かなり疲れはとれる。

また、疲れやストレスを感じる人の多くは「完全主義」
完全主義の人は、
完全にできそうなことしかやらない。
できそうな状態にならないと物事を始めない。
他人にも完全を求める。
少しでも失敗すると、すぐめげる。あきらめる。

だから、完全主義からアベレージ主義に変化することが必要。

野球で打率10割のバッターはいません。
完全主義の人は、10割打てないと悩んでいるのと似たようなもんです。あのイチローでも4割は打てないんです。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900