「道は開ける」
第十一章 オガクズを挽こうとするな
「オガクズは挽いたカスなのです。過去についても、これと同じことが言えましょう。すでに終わったことについてクヨクヨと悩むのは、ちょうどオガクズを挽こうとしているだけなのです」

世の中は大きく分けて、3種類の人に分かれている。
「過去基準に生きる人」 3割
「今基準に生きる人」 4割
「未来基準に生きる人」 3割

圧倒的に「今」もしくは「過去」で生きている人が多い。

だから、過去について、いつまでもクヨクヨ悩む人が多いのもわかる。でも、悩んだところで何も変わらないんですよね。

また、過去基準に生きる人の特徴は「最近の若いもんは・・・・・・」
「俺が若い頃は・・・・・・」をよく口にする。


実は“時間は未来から現在、過去へと流れている”

「思い通りの未来は実現している」
という意識状態がつくれれば、未来思考になり、クヨクヨ悩むこともなくなる。

いずれにしても、一国の精鋭すべてを動員したところで、過去を元どおりに返すことはできない。そこで、第六の鉄則を記憶にとどめてほしい。

オガクズを挽こうとするな。




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900