「人を動かす」
長所を認める
彼女が人前でどんなへまをしでかしても、彼は決して彼女を責めたり、とがめたりしなかった。もし、だれかが彼女をからかったりしようものなら、彼は、むきになって彼女をかばった。
彼女は決して完全な妻ではなかったが、とにかく三十年間、飽きずに夫のことばかり話し、夫をほめとおした。その結果、「結婚して三十年になるが、わたしは、いまだに倦怠感というものをしらない」とディズレーリにいわせた。

不平や欠点の指摘をするよりも、長所を見つけてほめる。
これは夫婦だけじゃなく、人間関係の鉄則です。

お互いの成長のため、手を取り合い、傷つき苦しいときは、助け合い励ましあう。

ちょっとした励ましの言葉が、相手の心をほぐし、自信につながり勇気になる。また、嬉しいときは共に喜ぶ。

夫婦関係がうまくいってると、すべてがうまくいくと私は思う。


幸福な家庭をつくる原則◆次篠構蠅鯒Г瓩襦



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900