「人を動かす」
喜んで協力させる
人を変える必要が生じた場合、つぎの事項を考えてみるべきだ。
一、誠実であれ。守れない約束はするな。自分の利益は忘れ、相手の利益だけを考えよ。
ニ、相手に期待する協力は何か。明確に把握せよ。
三、相手の身になれ。相手の真の望みは何か?
四、あなたに協力すれば相手にどんな利益があるのか?
五、望みどおりの利益を相手に与えよ。
六、人にものをたのむ場合、そのたのみが相手の利益にもなると気づくように話せ。

これをすべて実践できれば、いい人間関係がつくれるかもしれないが・・・・・・。
私には、もっともっと人間的成長が必要です。

まだまだ「カッチーン」とくることもあるし、自分の利益も考える。
また、相手に期待することはないし、協力してもらおうと思うことも少ない。

だから、私の場合、人を変えようとは考えていない。
人を変えようとする前に、自分自身を成長・向上させなければと思う。

親が子を育むように、他人も“無償の愛”を注げる人間になりたいもんです。


人を変える原則 喜んで協力させる。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900