人に好かれる六原則

2.笑顔を忘れない
「笑顔を見せる人は、見せない人よりも、経営、販売、教育などの面で効果をあげるように思う。笑顔のなかには、渋面よりも豊富な情報がつまっている。子供たちを励ますほうが、罰を与えるよりも教育の方法としてすぐれているゆえんである」

笑顔は大切ですね。ひとりの笑顔は、大勢の人に良い影響を与える。

笑顔を見せる人は、人を惹きつける。
元手もいらない、リスクもない。そして利益は大きい。

無表情やしかめっ面の人は、人を遠ざけ周りを不愉快にさせる。

笑顔など見せる気にならないときは、どうすればよいか。方法はふたつある。まず第一は、むりにでも笑ってみることだ。ひとりでいるときなら、口笛を吹いたり鼻うたをうたったりしてみる。幸福でたまらないようにふるまうのである。すると、ほんとうに幸福な気持ちになるから不思議だ。

これは以前セミナーで実験したことがあるが、
体を動かし楽しそうにふるまえば、ほんとうに楽しくなる。

体を動かしたり、笑顔、Happyな言葉は、感情を変えることができる。

幸不幸は、財産、地位、職業などで決まるものではない。何を幸福と考え、また不幸と考えるかーーその考え方が、幸不幸の分かれ目なのである。

幸福は外にあるものを追い求めても得れない。幸福は内にあるもんだと思う。
幸福を感じることのできる心こそが大事。

「笑顔を見せない人間は、商人にはなれない」

コンビニ、飲食店、スーパー・・・・・・笑顔のない店員は多い。
「嫌ならやめろ!」と思うときがある。

人に好かれる原則◆‐亟蕕農椶垢襦
人を動かす



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110325070900