⇒今何位? <地域情報(北陸)ブログランキング>
いつもありがとうございます。応援クリックしていただけると嬉しいです。


しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
4344981324


先日のフォトリーディング読書会で読んだ本です。

この本は、帯に<勝間和代>を目指さない。
と書いてあったので、思わず手に取った本です。


書店に行くと、幸福や成功をつかむための本が、山のように出ている。

しかし、その手の本を読んだくらいで、幸福や成功を手にできる人は、実際にはほとんどないはず。

「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルールが書かれています。

序章 ほしいのは「ふつうの幸せ」
第1章 恋愛にすべてを捧げない
第2章 自慢・自己PRをしない
第3章 すぐに白黒つけない
第4章 老・病・死で落ち込まない
第5章 すぐに水に流さない
第6章 仕事に夢をもとめない
第7章 子どもにしがみつかない
第8章 お金にしがみつかない
第9章 生まれた意味を問わない
第10章 <勝間和代>を目指さない


精神科医の著者の視点で書かれているので、成功本などを日頃から読んでる人は、「で?何?」と思うかもしれません。


第10章 <勝間和代>を目指さないでは、

やる気を出して努力し向上し続け、その先に大きな成果や成功を目指す生き方を説く本やセミナーは従来から一定の人気を保っている。

勝間和代氏の本が次々にベストセラーになっているのも、その表れだということです。

しかし、努力したくても、そもそもできない状況の人がいる。
あるいは、努力しても、すべての人が思った通りの結果にたどり着くわけではない。

つまり、努力できない人や失敗して窮地に陥っている人がいることなど、世の中には最初から存在していないかのように扱われてしまう。
と著者は言う。


ほとんどの人間は、この4つのどこかに偏っているといわれています。

ポジティブ自立

ポジティブ依存

ネガティブ自立

ネガティブ依存

ですから、この本を読んで、キャッチする部分もそれぞれ違ってくるでしょうね。




⇒今何位? <地域情報(北陸)ブログランキング>
いつもありがとうございます。応援クリックしていただけると嬉しいです。