いつもありがとうございます。応援クリックしていただけると嬉しいです。
ranking


友人に素質論インストラクターがいます。話を聞いていると実に面白い。
興味をそそられたので、調べてみました。


素質論とは、その人の生年月日から性格、好きなこと、嫌いなこと、意思決定基準、行動特性、得意分野・・・・・・など、いろんなことがわかるみたいです。

まず、自分の「素質CANCODE」と「素質ベクトル」を調べます。

素質ベクトルには、ベクトルH、ベクトルE、ベクトルAという3つのタイプがあります。

Hはhuman(人間性)、Eはeconomic(経済性、実利性)、Aはauthority(権威、権力)といった「心の方向性」を分類したものです。

この素質ベクトルだけでも、かなりのことがわかります。様々な特徴の中から、ベクトル別対応方法を紹介します。


ベクトルHの人には、

・愛情で包み込むように接する。
・気持ちを理解してあげる。
・長い話でもよく聞いてあげる。
・優しい声のトーンで話す。

ベクトルEの人には、

・ペースを乱さないようにする。
・結論から話し、ポイントだけを伝える。
・フィフティフィフティの関係で接する。

ベクトルAの人には、

・成功者と接するように一目おく。
・集中できるようにお膳立てする。
・ほめて、立てる。


営業現場では、知っているとかなり役に立つ情報になります。心に響く言葉などもあるみたいですよ。

ちなみに私のCANCODEベクトルは、

CANCODE 555−108−555
ベクトル E−H−E

となります。それぞれ 辞◆辞とありますが、
,麓腓箸覆訐質、△和仗祐愀検↓は無意識ということです。






いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力をお願いします。BlogPaint