いつもありがとうございます。応援クリックしていただけると嬉しいです。
⇒今何位? <地域情報(北陸)ブログランキング>


昨日、第9回目のフォトリーディング読書会を開催しました。

だいたい1人2冊を読んでシェアするので、参加人数×2冊の本を読んだ知識が得られます。

例えば、参加人数が4人なら8冊、6人なら12冊、10人なら20冊・・・・・・。
これは凄いことですよね!

ということで、私が読んだのは、この2冊です。


3分以内に話はまとめなさい―できる人と思われるために
高井 伸夫
4761261269


自分の言いたいことが相手に伝わり、納得、感動、行動してもらうための効果的な手段は、三分以内に話すこと。ではどうしたら三分以内に話をまとめられるか。ということについて書かれています。

「最初の三分は、あとの一時間に勝る」

デキル営業マンは、面談時間が十分しかなくても、相手が身を乗り出してくる話題を見つけ、それを最初の三分にぶつけてその場を盛り上げる。

とくに人は誉められると、好意の相互性が働き、「返報性」となってプラスに跳ね返ってくる。つまり、相手を説得しようとするとき、相手が好む話材から入るのは、きわめて効果的な方法だということです。

確かに人は誉められると嬉しいもので、一瞬で「心の扉」を開きます。十分しかない時間でも、話が盛り上がり気がつけば二時間くらいになり、すんなり契約になることもあります。

「心の扉」が開いてなければ、どんないい話でも相手には伝わらないですよね。

この本は、短時間で相手にインパクトを与えたり、説得したりするヒントになると思います。



スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)
竹内 一正
4766710487


21歳でパソコンメーカーのアップルを創業し、25歳で株式上場により大富豪に・・・・・・。

人を惹きつける魅力、「ないもの」を引き出す独創性、情け容赦なく圧殺する君臨性。

凄い人ですね!

タイトルに惹かれて買いましたが、得たい情報はありませんでした。しかし、読み物として面白かったですよ。






いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力をお願いします。BlogPaint