いつもありがとうございます。まずはこちらをクリック⇒地域情報


今の時代に機能する「教育」を取り入れればいいのです。

今の時代に機能する「教育」とは・・・・・・。
それは「コミュニケーションレベル」を上げることです。

ほとんどの経営者が「営業マンの業績が上がらない」と嘆きますが、実際には「営業マンが育つコミュニケーション環境がない」ということです。

流行のシステムを優先しようとするなら、まだ、ましかもしれませんが・・・・・・。
営業マンのコミュニケーションレベルは、低下の一途をたどります。

そして、「断られてからが勝負」「何度でも足を運べ」「顧客ニーズを聞き出せ」「反論はイエスバット方式で返せ」など古い教えに走るのです。

いつまでもこういうことを繰り返していると、営業成績が上がらないだけでなく、やる気もなくなり、せっかく採用した人材、夢や希望を持って入社した新人も辞めてしまいます。

業績の上がらない営業マンに、「根性を出せ」「気合が足りない」「やる気あるのか」などというのを、そろそろやめませんか。

「教育」とは、「教え育む」ことです。
ほとんどが「教える」ことに重きを置き、「語る」ばかりになっているのではないでしょうか。

「教える」ことよりも「育む」ことのほうが大切です。
「育む」とは、「抱きかかえて守り育てる」という意味です。手間がかかります。愛が必要です。情熱が必要なんです。






いつもありがとうございます。1日1回クリックのご協力お願いします。BlogPaint