一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

百万ドルか、手持ちの財産か?

「道は開ける」
第十五章 百万ドルか、手持ちの財産か?
「自分に備わっているものをほとんど顧慮せずに、いつも欠けているものについて考える」傾向こそ、地上最大の悲劇と言ってもよい。

「あらゆる出来事の最も良い面に目を向ける習慣は、年間一千ポンドの所得よりも価値がある」

何故、いつも欠けてるものについて考えるのか?
それは、我々が平和ボケしてるからだと思う。

すべてが「あたりまえ」になってしまっている。
だから、現状がいかに恵まれているかということに気づかない。
まさにそれは、地上最大の悲劇かもしれません。

今一度、現状に目を向けてみる。
そして「今、自分の中で失いたくないものは何か?」ということを、
自問自答すれば、少しは自分が恵まれていることに、気づくかもしれない。

失いたくないものが、失われずにあるということは、
それだけで幸せなはず。

ないものねだりをしないように心がけたい。

悩みを解決して新しい生活を始めたい人のために第四の鉄則。

やっかいごとを数え上げるな、恵まれているものを数えてみよう。




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

恩知らずを気にしない方法

「道は開ける」
第十四章 恩知らずを気にしない方法
人間とは生まれつき感謝を忘れやすくできている。だから絶えず感謝を期待してることは、みずから進んで心痛を求めていると言ってもよい。

幸福を発見したいと願うなら、感謝とか恩知らずなどを考えずに、与えるという内面の喜びのために与えるべきである。

感謝することは大切なことだが、感謝は期待するもんではない。

「ありがとう」の一言がいえない人間がどれほどいるか?
心のこもっていないうわっつらの「感謝」がどれほどあるか?
見返りを期待して、何かを与える人間がどれほどいるか?

私自身、いろんな人間を見てきて「なんでなんやろ?」
と考えた時期があった。

結論は、それぞれ育った環境も違うし、価値観も違うのだから、
仕方のないこと。

だから、はじめから感謝など期待しないこと。
そうすれば、感謝されなくてもイライラすることもない。
また、ちょっと感謝されただけでも嬉しくなる。


親が子を育てるように、人にも無償の愛を与える。
これこそ、与える喜びのために与えるということでしょう。

恩知らずについて憤慨したり、心を痛めたりしないための第三の鉄則を掲げよう。

A 恩知らずを気に病むかわりに、むしろ恩知らずを予期しよう。キリストは一日に十人のライ病患者をいやしたが、キリストに感謝したのはただ一人だけだったことを思い起こそう。キリストが受けた以上の感謝を期待するのは無理ではあるまいか?

B 幸福を見つける唯一の方法は、感謝を期待することではなく、与える喜びのために与えることである。

C 感謝の念は後天的に「育まれた」特性であることを思い出そう。だから、子供に感謝の念を植えつけるためには、感謝の念を持つように子供に教えなければならない。




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

仕返しは高くつく

「道は開ける」
第十三章 仕返しは高くつく
「もし利己的な人たちがあなたを利用しようとしたら、そんな連中とつき合うことはない。だが、仕返しは考えないことだ。仕返しをしようとすれば、相手を傷つける前に自分が傷ついてしまう」

わかってはいるけど、これがなかなか難しい。
相手に腹を立てる自分自身に腹が立つことがあった。

できればそんな連中のことは考えたくもないけど、
どうしても頭をよぎる場合がある。

確かに、イライラしてばかりいると、時間の無駄だし、
相手を傷つける前に自分が傷ついてしまう。

だから、自分自身がもっと大きな夢や目標に、
向かわなければならない。

そして、ここでも「3:10:60:27の法則」を応用する。

そうすれば、そんな相手のことなど問題ではなくなる。

人間に幸福と平和をもたらす心構えを身につけるために、第二の鉄則を肝に銘じてほしい。

仕返しをしてはならない。敵を傷つけるよりも自分を傷つける結果となるからだ。私たちはアイゼンハワーの態度を見習おう。つまり、きらいな人について考えたりして、一分間たりとも時間を無駄にしないことだ。




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

生活を転換させる指針

「道は開ける」
第十二章 生活を転換させる指針
《われわれの人生とは、われわれの思考が作り上げてるものにほかならない》

《快活さを失ったとき、他人に頼らず自発的に快活さを取りもどす秘訣は、いかにも楽しそうな様子で動きまわったり、しゃべったりしながら、すでに快活さを取りもどしたように振舞うことである》

以前、私のセミナーでこの秘訣を、実験したことがある。
胸を張って満面の笑で「俺(私)の人生最悪!」といってみる。

まったく、言葉に感情が入らないし、体の動きが伴ってないので、
「人生最悪!」とは思えない。むしろ、楽しそうに見えるんです。

つまり、快活な動きをしながら、落ち込むことは不可能だということ。

だから、つらいときほど、胸を張って笑顔で楽しそうに振舞ってると、本当に楽しくなり、元気が出てくる。

“人は思考した通りになる!”

平和と幸福をもたらす精神的態度を身につけるための第一の鉄則を次に揚げよう。

快活に考え行動すれば自然に愉快になる。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

オガクズを挽こうとするな

「道は開ける」
第十一章 オガクズを挽こうとするな
「オガクズは挽いたカスなのです。過去についても、これと同じことが言えましょう。すでに終わったことについてクヨクヨと悩むのは、ちょうどオガクズを挽こうとしているだけなのです」

世の中は大きく分けて、3種類の人に分かれている。
「過去基準に生きる人」 3割
「今基準に生きる人」 4割
「未来基準に生きる人」 3割

圧倒的に「今」もしくは「過去」で生きている人が多い。

だから、過去について、いつまでもクヨクヨ悩む人が多いのもわかる。でも、悩んだところで何も変わらないんですよね。

また、過去基準に生きる人の特徴は「最近の若いもんは・・・・・・」
「俺が若い頃は・・・・・・」をよく口にする。


実は“時間は未来から現在、過去へと流れている”

「思い通りの未来は実現している」
という意識状態がつくれれば、未来思考になり、クヨクヨ悩むこともなくなる。

いずれにしても、一国の精鋭すべてを動員したところで、過去を元どおりに返すことはできない。そこで、第六の鉄則を記憶にとどめてほしい。

オガクズを挽こうとするな。




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ