一瞬でダントツ営業マンに変わる法 速効セールス

夢・感動・パワーを分かち合うブログ

誰でも出来るようになる。ひとりの例外もなく!

久しぶりの更新です。

昔のノートをパラパラっとめくっていたら、
「Cone of Learning」という文字が書かれていた。

「なんじゃこれ?」
もちろん自分で書いたものだが、完全に記憶にない。

文字の下には、なんやら三角形の図が描いてあった。

無題

図を見てるうちに思い出したが、これは「Cone of Learning(経験の円錐)」というもので、エドガー・デールという人が提唱したもの。

人間が学んだことを2週間後に覚えている割合。

●読んだこと:10%
●聞いたこと:20%
●見たこと:30%
●見ながら聞いたこと:50%
●話したこと:70%
●話しながら実際に使ってみたこと:90%

例えば本を読んでも、ただ読むだけだと2週間後には10%しか覚えていない。

これを見て改めて思ったのは、アウトプットを前提にしたインプットでなければ、クソの役にも立たないということ。

知っていても、出来なければ、それは単なる知識でしかない。
出来るようになって、はじめて自分の能力といえる。

能力とは反応レベルで出来るということ。
反応レベルにするためには、やっぱり繰り返し反復しかない。

「どんなことでも、ひとつの事を千回真剣に繰り返したら、誰でも出来るようになる。ひとりの例外もなく!」という言葉を聞いたことがあるが、まったくその通り。

そのためには、日々あらゆる面で、自分はどんどん良くなっていると信じ、絶対にあきらめないこと。

その姿勢が、何かを生み出してくれる。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

40代にしておきたい17のこと

40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

久しぶりに本田健さんの本を読みました。
「40代にしておきたい17のこと」
40代の私にとっては、興味をそそるタイトルです。

もう40代。
でも、まだ40代。
あきらめなければ、どんなことでもたいていは実現可能。

「40代は、後半の人生のフレッシュ・スタートを切れる10年だ!」
すごく勇気がわく言葉です。

17のうち私が気になった3つを挙げると、
◆新しいことに挑戦する
新しいことを体験するというのは、気持ちがワクワクするのに加えて、新しい友人や仲間が増えることにもつながります。

40代になって新しいことをはじめるには、怖さもあるし、勇気が必要です。しかし、勇気をだして一歩踏み出せば、二歩目は簡単。

◆現在の人生の中にある祝福を数える
あなたの人生には、いま考えている以上にすばらしいものがたくさんあります。自分にとっては当たり前にあると感じているものなので、そのことに気がつかないのです。

人間というのは愚かなもので、何かを失って初めて、その価値がわかることがよくあります。

私は40代になって、はじめて家族の大切さやありがたさを感じました。確かに当たり前にあると感じていたので、若いときは気づくことができなかった。

“人間、不幸の数は数えるけど、幸せの数は数えようとしない”
“幸せというレールは、外ではなく、心の中にある”


◆絶対にあきらめない
40代になってきて、これからは、
(1)希望と夢をもって生きる人生
(2)退屈を感じながら生きる人生
(3)絶望とともに生きる人生
の3つに分かれていきます。

40代を失われた10年にするのか、いままでの人生の中で最高の10年にするのか、あなた次第です。

人生で大事なのは、才能でもなく、人脈でもありません。「決して、あきらめない」という能力なのです。

もちろん、希望と夢をもって生きる人生でありたい。あきらめるということは、自分の可能性をあきらめてしまうことになる。

「決して、あきらめない」、このことは、私の2歳の娘から教えられることが多い。子どもって、何事も絶対あきらめませんからね。

人生なんて、挑戦すればするほど、失敗もする。肝心なのは、そこから、どう立ち上がって進むかです。失敗するのが怖くて何もしなければ、成功することもなく、平凡な人生で終わってしまう。

だから、40代を最高の10年にするためにも、心身ともに健康で、チャレンジ精神を忘れず進んでいきたい。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

褒める。認める。感謝する。

このブログを始めて、明日で4年になる。
最近、あまり更新してないにも関わらず、日々多くの方に来てもらってます。

ありがたいことです。心より感謝申し上げます。

2010年1月27日に、次女が生まれてから、これまでの生活が180度変わりました。

上の子たちのときは、育児などノータッチだった私が、今は育児を中心とした生活を送ってます。

これが、なかなか楽しい!

これまでの、セールス・コミュニケーション・成功法則・心理学……といった類の経験は、育児にも応用でき、非常に役立ってます。

要するに、大人も子どもも一緒なんです。同じ人間ですから。
大切なのは「褒める。認める。感謝する。」この3つの基本です。

そして、育児を中心にしてから、私が強く感じてるのは、
“幸せというレールは、外ではなく、心の中にある”ということ。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

DVD映画

ここ最近、DVD映画を観るようにしてる。
これまでは、時間もなく映画なんて、数えるほどしか観たことがなかった。

洋画・邦画・ホラー……など、いろんなレビューを参考にして観てますが、やっぱり、みんなが良いと言ってる作品は安心ですね。ほとんどハズレがない。

私の観た中で、これは良かったというものを挙げると、こんな感じです。

洋画
「幸せのちから」
「最高の人生の見つけ方」
「ニュー・シネマ・パラダイス」
「ショーシャンクの空に」
「ライフ・イズ・ビューティフル」

邦画
「闇の子供たち」
「ゆれる」
「告白」
「いま、会いにゆきます」
「ホタル」

ホラー
「黒い家」
「箪笥」
「呪怨」
「呪怨2」
「コックリさん」

番外編
「漫才ギャング」
「下妻物語」

これはハズレ
「大日本人」
「ノロイ」
「ほんとうにあった!呪いのビデオ1」


今は、どこもレンタル料金が安いので、まとめて借りやすいです。
ちなみに、私は楽天レンタルを利用してます。ここは、レンタル無料券もあるので、めっちゃお得です!




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900

山本五十六

やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ。

これは、有名ですよね。で、この言葉はこう続く。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

たった三行ですが、「人を動かす」真髄ですね。深い、実に深い。
“褒める。承認。感謝。”これが抜けている人は、意外に多いもんです。

特に身近な人に対し……

なぜなら、身近な人ほど固定観念があり、相手の良いところを見ようとしていないから。

いちばん身近な奥さん(旦那)や子どもに、“褒める。承認。感謝。”を意識してみてはどうだろう。

色紙 [やってみせ] 山本五十六



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110325070900
スポンサードリンク

記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング【参加中】
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
mixi(ミクシィ)やってます!

kiwami_kをフォローしましょう
マウスコンピューター/G-Tune
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ